ニュース
» 2019年07月27日 12時00分 公開

「声優ラジオに心を救われた」「握手会にはあえて行かない」 オタクが語る“アイドル声優”の熾烈な世界 (1/5)

「声で人を好きになる」。

[中山順司,ねとらぼ]

 多くの人が、学生時代にアイドルに夢中になった過去があるんじゃないでしょうか? ポスターを部屋に貼ったり、息を潜めて深夜ラジオを聴いたり、テレホンカードをコレクションしたり……。え? テレホンカードがなんだか分からない?(ググってください)

 筆者が高校生だった1980年代後半は、菊池桃子、南野陽子、島田奈美が好きでしたね……。今ではアラフィフになってますが、変わらずおきれいなご婦人です。

 趣味や仕事で“沼にハマった”人々に話を聞くこの連載、今回登場いただくのは「14歳からアイドル声優オタク」だという27歳のHさん(男性)。アイドル声優ってどんな人たちなのか? アイドル声優の魅力とは? アイドル声優オタクを極めるとどうなるのか? ガッツリお話を伺ってきました。



今回のインタビュー相手:Hさん

27歳男性。中学2年生のころアイドル声優に目覚め、秋葉原に毎日のように通って声優ラジオを聴きまくる日々を送る。好きな声優は、

【声が好き】田中敦子、桃井はるこ、林原めぐみ

【ビジュアルが好き】戸松遥、田村ゆかり、水樹奈々、茅原実里


アイドル声優ってどんなお仕事?

――今日はよろしくお願いします。さっそくですが、Hさんがお好きな「アイドル声優」ってどんなお仕事なんでしょうか?

Hさん:声優でもあり、アイドルでもあるけれど、本業はあくまでも声優――というお仕事(をしている人たち)の俗称です。歌も歌う、ダンスも踊る、写真集を出したり、グラビアにも登場する。でもメインは声優……というわけです。

――アイドル声優もカテゴリ的なもので分類できるんですか?

 ジャンルという分け方が正しいのかは分かりませんが、声優さんの活躍の場は多岐にわたります。アニメ、ナレーター、映画、舞台、ラジオ、効果音、などふとした瞬間に好きな声優さんが出てるとうれしくなります。

――本当に多方面ですね。

 新人さんがラジオ出演して、それがキッカケでブレイクすることもあります。ちなみにアイドル声優ファンとラジオファンって親和性が高いというか、系統が似ている気がします。

 ラジオの魅力って、ふだんテレビで見せている姿よりも素に近いところでしょう? イケメンの福山雅治がラジオだと下ネタを言ったりして、ファンにはそのギャップがたまらない、的な。

――伊集院光が白(TV)と黒(ラジオ)のキャラを使い分けるのを知っていると、ラジオの方に親近感を覚えますもんね。

 まさにそれです。


生き残り競争は熾烈

――アイドル声優の世界はどれくらい厳しいんでしょうか?

 まず声優さんというのは、基本的にプロの役者です。しかもほとんどの人が生き残ることができない上位数パーセントという狭き門をくぐり抜けた人たちだけが、雑誌やメディアに出ることができます。

――なんとなく、ふつうのアイドルよりも生き残るのが簡単そうなイメージを持っていました……。

 とんでもない! 声優ほど熾烈な世界はないですよ。生き残りはめちゃくちゃ難しいです。ベテラン声優さんの多くは「声優は目指すもんじゃない」って口をそろえて警告するほど。生半可な気持ちだと食えずにすぐ引退に追い込まれてしまうでしょう。

――すぐに引退……。

 ファンはアイドル声優の世界の厳しさを知っているので、彼女たちに尊敬の念を抱いているんです。この過酷な世界で必死に頑張っている彼女たちをなんとか応援してあげたい……これがファンの目線です。

 そんな彼女たちを、ラジオを通じて親近感を持ち、そして作品を見て(聴いて)味わっているんです。「ラジオだとあんなにおちゃらけているのに、仕事だとめっちゃ真面目だなぁ……」って具合に。

――声優さんの多くに共通する価値観とか考え方とかってあるんでしょうか?

 基本的にめちゃくちゃ努力家。生半可な実力や覚悟では生き残れない世界で生きているので、人として尊敬できる部分も多いし、一方で成長を見届けたくなるようなほころびや脆さもある……というのがアイドル声優の魅力だと思います。


写真:Hさん提供
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.