ニュース
» 2019年07月27日 12時00分 公開

「声優ラジオに心を救われた」「握手会にはあえて行かない」 オタクが語る“アイドル声優”の熾烈な世界(4/5 ページ)

[中山順司,ねとらぼ]

声優好きになる人の特徴は?

――アイドル声優って会いに行けたりしますよね? そういう場にはよく行くんですか?

 会いに行く派、行かない派に分けるとしたら私は「行かない派」。あ、ライブとかコンサートは行くんですけど、握手会は行きません。

 以前行ったときになんというか……うまく表現できないんですが、「あ、彼女たちもふつうの生身の人間なんだな」ってハッと我に返ってしまった瞬間がありました。それ以来、あえて距離を置くようにしています。

――声優さんを好きになる人の特徴や傾向はありますか?

 万人に分かりやすい面白さよりも、自分にしか分からない面白さを自覚している人が好きになりやすいのではないかなと。

 「この声優さんの情報を知っているのは自分だけで、周りの人はあまり知らない」ということに優越感を持っている人は多いと思います。

――外見や話したときの印象で、アイドル声優ファンと見抜けたりすることも?

 外見ではほとんど分かりませんが、物静かな人が多い印象はありますね。でも、そういう人も決して人嫌いではないと思ってて、人は好きだし、友人もほしい、一人ぼっちはさみしい……って思っている人種かなあと。声優さんの中には孤独な青春期を送ってきた人もいて、そういった部分も惹きつけられる魅力なのかと思います。


偏見の目で見られたことはない

――アイドル声優とふつうのアイドルの間で、バチバチやり合う……みたいなことってあるんですか?

 僕の知る限り、全くないです。アイドル声優もアイドルも互いにリスペクトしあってますし、アイドルが「私もいつか声優やってみたい」とむしろ憧れるってこともあるくらい。どちらも完成された世界で、上も下もない優しい世界です。

――それは素晴らしい。

 声優界のトップを走る一人、小倉唯さんを見てください。このクオリティの高さ……素晴らしいの一言に尽きます。



 変な殺伐感はなく、基本的に平和です。僕は14年間ほどアイドル声優ファンですが、それが理由で嫌な思いをさせられたとか、偏見のまなざしで見られたとかって経験は皆無です。

――小倉唯さん、映像を見るとめちゃくちゃ広い会場にパンパンに人が詰めかけていて、すごい人気……! ふつうのアイドルと全然変わらないですね。

 ただ、アイドル声優って公言しても理解されることは少ないです。やはりマイノリティのほうに入るわけで、分かち合える仲間を見つけにくいのは悩みです。同好の士はたいていネット上にいることが多いかなと。

――アイドル声優のファンで多いのはどんな人達?

 30〜50代の男性が多い印象です。イベント会場で見かけるのはおじさんがメイン。僕が14歳でアイドル声優ファンになったときも、周囲は中年男性ばかりで、おじさんたちとばかり交流していましたね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる