ニュース
» 2019年07月22日 16時42分 公開

東急百貨店、渋谷駅直結「東横店」を営業終了 20年3月で 86年の歴史に幕

渋谷駅のランドマークでした。

[ねとらぼ]

 東急百貨店は7月22日、渋谷駅に直結する「東横店」(東京都渋谷区)の営業を2020年3月31日で終了すると発表しました。東京急行電鉄(東急)が進める渋谷駅周辺の再開発事業に伴うもので、前身の「東横百貨店」が1934年(昭和9年)に創業して以来86年の歴史に幕を下ろします。

 地下1階の食品売り場は営業を継続します。

フォト 東急百貨店東横店(Googleストリートビューより)
フォト 東急百貨店のニュースリリース

 東横店は1934年、東急(当時は「東京横浜電鉄」)の百貨店部として創業。1951年には「のれん街」の発祥となる「東横のれん街」を開設しています。67年には渋谷に本店をオープンしていますが、東横店は渋谷駅直結の利便性から親しまれ、特撮映画「ガメラ3」(1999年)内で破壊されたこともあるなど、渋谷駅周辺のランドマークにもなっています。

 現在の東横店は「南館」と「西館」の地上9階・地下1階。創業の地だった「東館」は2013年3月に営業を終了、「東横のれん街」も渋谷マークシティに移っています。

 東急百貨店は「渋谷は最重要拠点」として、東横店の営業終了に合わせ、同店地下1階食品売場、本店と渋谷ヒカリエ内の「ShinQs」で、店舗・売場の魅力向上に向けた諸施策を実施していくとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.