ニュース
» 2019年07月22日 17時58分 公開

公衆電話も消費税アップ分を転嫁 10円でかけられる時間、1.5〜0.5秒減る

区域内の場合、10円でかけられる時間は5年で4秒減ることになります。

[ねとらぼ]

 NTT東西地域会社とNTTコミュニケーションズは7月22日、消費税率が10月1日から10%に引き上げられるのに伴う電話料金の対応を総務相に対し認可申請しました。公衆電話では、増税分の転嫁により、10円でかけられる時間が1.5〜0.5秒減ることになります。

フォト NTT東日本は公衆電話の使い方を子ども向けに解説するページを公開している
フォト 公衆電話から固定電話に10円でかけられる秒数の変更(NTT東日本のニュースリリースより)

 公衆電話から10円で固定電話にかけられる時間は現在、区域内では昼間(8時〜19時)、夜間(19時〜23時)で57.5秒ですが、10月1日以降は1.5秒減り、それぞれ56秒になります。深夜・早朝(23時〜8時)も現在の77.5秒から76秒に減ります。区域外も1.0〜0.5秒減となっています(160キロ超は据え置き)。

 IP電話(050番号)への通話も0.5秒減り、現在の18.5〜17.5秒が18.0〜17.0秒減ることになります。

 公衆電話料金の転嫁は2014年の消費税率引き上げ時も行われており、10円でかけられる区域内の固定電話への時間は昼間・夜間で2.5秒減っていました(60秒→57.5秒)。10円でかけられる時間は、この5年で計4秒減ることになります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.