ニュース
» 2019年07月24日 07時00分 公開

軽くてオシャレ! 軽量折りたたみ自転車「ルノー・プラチナライト」シリーズが登場

重量6.7キロから、気軽に持ち運べる!

[松本健多朗,ねとらぼ]

 折りたたみ自転車等の製造を行っているジックから、ルノーブランドの軽量折りたたみ自転車「ルノー・ミラクルライトシリーズ」が発売されました。価格はミラクルライト6で8万3000円(税別、以下同)からです。

RENAULT MIRACLE MACH8 RENAULT MIRACLE MACH8(写真:ジック、以下同)

 ルノー・ミラクルライトシリーズは、「楽しい」「軽い」「コンパクト」がコンセプトの折りたたみ自転車「ルノー・ライト」の新シリーズ。2018年9月に先行発売した14インチ折りたたみ自転車「ルノー・ミラクルライト6」に、新たに16インチの「ルノー・ミラクルライト7」と、20インチ折りたたみ自転車の「ルノー・ミラクルマッハ8」が加わりました。

 ミラクルライトシリーズのフレームは真空めっき製法を用い、他の自転車では見られないとする独特な色合いを持つ美しいブルーを実現しました。また、ゴールドのパーツをアクセントに使い、高級感も引き立っています。

RENAULT MIRACLE LIGHT7 ゴールドのパーツが車体を引き立てています(写真はRENAULT MIRACLE LIGHT7)

 また、ミラクルライトシリーズは名称の通り「軽さ」がウリです。フレームは軽量な素材として有名なアルミ素材を使うだけでなく、パイプの中央部を薄くするバテッド構造を採用するだけでなく、鍛造式高さ調整機能付きハンドルステムや、アルミリム、ステンレススポークなど、軽さにこだわった軽量パーツを多数装備することで、簡単に持ち運べる軽さも実現しました。

RENAULT MIRACLE LIGHT6 RENAULT MIRACLE LIGHT6
RENAULT MIRACLE LIGHT6 折りたたんだときのサイズは670mm×340mm×560mm

 ミラクルライトシリーズには3種類のモデルを用意します。一番ホイールが小さい14インチモデルのミラクルライト6は、本体重量約6.7キロ(ペダル、スタンドを除く)と片手で持てるほど軽く、折りたたみサイズも670ミリ×340ミリ×560ミリと小さいので、気軽に連れていくのも良いでしょう。

RENAULT MIRACLE LIGHT7 RENAULT MIRACLE LIGHT7
RENAULT MIRACLE LIGHT7 折りたたんだときのサイズは700mm×370mm×570mm

 14インチのミラクルライト6より、一回り大きいホイールを採用したミラクルライト7は、本体重量/約7.9キロ(ペダル、スタンドを除く)で、折りたたみサイズも700ミリ×370ミリ×570ミリと、ミラクルライト6よりも少し重くて折りたたんだときのサイズも少し大きくなりますが、こちらはちょっとした上り坂も気軽に走れる外装3段変速を装備。軽さと走りの両方を求めたい人にお薦めです。

RENAULT MIRACLE MACH8 RENAULT MIRACLE MACH8
RENAULT MIRACLE MACH8 折りたたんだときのサイズは850mm×380mm×620mm

 そして、サイクリングを重視したい人にピッタリなのがミラクルマッハ8。マッハと疾走感がある名前がついている通り、クロスバイク並に細いタイヤが装着できる20インチホイールと、シマノ・ALTUS外装9段変速を採用することで、サイクリングも楽しめる走りを重視しています。もちろん、こちらも軽さにも拘っていて、本体重量は約8.9キロ(ペダル、スタンドを除く)と、20インチの折り畳み自転車では軽いのが特徴です。折りたたみサイズは850ミリ×380ミリ×620ミリとなります。

 価格はミラクルライト6が8万3000円、ミラクルライト7が9万3000円、ミラクルマッハ8が9万8000円(ともに税別)です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」