ニュース
» 2019年07月23日 18時44分 公開

ご飯の代わりにサラダ 吉野家「ライザップ牛サラダ」がヒット、販売100万食を突破

新規客の獲得にも成功したとのこと。

[ねとらぼ]

 吉野家は7月23日、5月に発売した新メニュー「ライザップ牛サラダ」の販売数が21日で100万食を突破したと発表しました。牛丼の新サイズ「超特盛」「小盛」がヒットしたのに続き、好調に推移しているとのことです。

フォト ご飯の代わりにサラダを食べる「ライザップ牛サラダ」(430kcal、たんぱく質30.0g、脂質27.0g、糖質12.2g、食塩相当量2.0g)

 野菜サラダをご飯の代わりに盛り付け、牛肉と組み合わせた高たんぱく質・低糖質メニュー(税込540円)。ライザップと共同開発し、5月9日に全国の吉野家で発売しました。

 特に女性や健康を意識している男性からの支持が高く、「新規顧客の獲得と休眠顧客の掘り起こしの両方に成功した」とのこと。リピート率が高く、ライザップ牛サラダを購入した4人に1人はその後も定期的に注文する傾向にあるとしています。テイクアウトも多いとのことです。

 吉野家が3月に発売した牛丼の新サイズ「超特盛」と「小盛」も発売から約1〜2カ月で100万食を販売するヒットに。既存店売上高は前年比プラスで推移し、吉野家ホールディングスの2020年2月期第1四半期(19年3〜5月)は黒字転換を果たすなど、新メニューのヒットが業績にも貢献しています。

フォト 牛丼の新サイズ「超特盛」「小盛」もヒット

 7月23日の株式市場で、吉野家ホールディングス(東証1部)は前日比2円安(-0.09%)の2177円で取引を終えました。黒字に転換したことで、17日には2198円の年初来高値を付けています。株式時価総額(23日終値ベース)は約1418億円です。

フォト 吉野家ホールディングスの株価推移(Yahoo!ファイナンスより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン