ニュース
» 2019年07月24日 07時30分 公開

あいふぉん?(なぜか変換できない) ちょっと不器用な擬人化キャラ「iPhoneちゃん」の漫画がかわいい

少々クセはあるけれど、基本的にはいい子なんです……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 親しみやすいけれどちょっと不器用な擬人化キャラクター、「iPhoneちゃん」の漫画がとてもかわいいです。だから、テキストの範囲指定が多少苦手でも許せる(?)。


アイキャッチ 範囲指定がピッタリといかなくて「あー!!」ってなるの、ちょいちょいありますよね

 漫画家の小雨大豆(@kosamedaizu)さんによる、“iPhoneユーザーあるある”漫画。1つ目のネタは誰もが一度は引っかかったであろう、テキストをコピペするときに、どうしてもカーソルが思い通りの位置に止まらない現象です。落ち着いて操作すればいいだけなのでしょうが、たまにiPhoneちゃんがかんしゃくを起こしているのかな? ってくらいカーソルが暴れることもありますからね……。


1P

 iPhoneちゃんは文字変換にもちょっとクセがあります。「キング」や「ネットサーフィン」といったカタカナ英語は楽々スペルに変換してくれますが、自分の名前「あいふぉん」は? ……実はそれだと変換候補に「iPhone」が出てきません。正式名称の「あいふぉーん」でないと変換しない、強いこだわりのあるiPhoneちゃんなのでした。


2P 一度「あいふぉーん」から「iPhone」に変換したあとは「あいふ」あたりで予測変換するなど、ある程度気を利かせてくれます

 iPhoneちゃんの中にはアシスタントの「Siri」がいて、ユーザーの声を聞いて指示を受け付けてくれます。ただ、Siriは一部の単語を聞き取るのが苦手なことも。筆者はパスタのゆで時間を計るため「タイマー8分」と言ったとき、どうしても「はっぷん」を「happen(ハプン)」としか認識してもらえず、「はちふん」と言い直してやっとオーダーが通ったことがあります。

 この漫画でも「はっぷん」をどうしても聞き取れないiPhoneちゃんの様子が。「タイマーを8分セット」から、「タイマー4(フォー)ハップセット!?」と謎の言葉を導き出して錯乱してしまいます。


3P

 ただ、学習の成果か、現在筆者のiPhoneは「はっぷん」を普通に「8分」と認識してくれます。ときどき至らない部分はありつつも、こっそり努力して改善している――そう考えると、iPhoneちゃんがよりいっそう愛おしく思えます(iPhoneユーザー補正)。


作品提供:小雨大豆(@kosamedaizu)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」