ニュース
» 2019年07月24日 13時00分 公開

Nintendo SwitchのJoy-Con、欠陥疑惑で集団訴訟がアメリカで提起 スティックが勝手に入力される「ドリフト問題」

「米任天堂は問題を認識していながら開示せず、無償修理を拒んでいる」と主張。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Nintendo SwitchのJoy-Conに欠陥があるとして、アメリカの法律事務所「Chimicles Schwartz Kriner&Donaldson-Smith(CSK&D)」が、米任天堂に対し集団訴訟を提起し、サイト上で訴訟への参加を呼びかけました。「欠陥」の内容は、スティックに触れていないにもかかわらず勝手にキャラクターなどが動く現象で、俗に「ドリフト問題」などと呼ばれています。


Joy-Con

 訴状によると、原告のRyan Davis氏は、2017年7月にNintendo Switchを購入。約11カ月の使用後にドリフト問題が発生し、Joy-Conを公式サービスへ修理に出したといいます。

 しかし修理から3カ月後、再びドリフトが発生。追加で購入したJoy-Conも約13カ月の使用後に問題が発生したそうです。訴状にはほかにも、似たケースの報告がいくつか引用されています。

 原告側は、米任天堂がこうした問題を認識していながら開示をせずに、Joy-Conの無償修理を拒んでいると主張。同社の過失による虚偽表示や不当利益といった問題の是正や、金銭的な救済を求めています。


公式発表 CSK&Dの発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.