ニュース
» 2019年07月24日 16時24分 公開

東京五輪・パラリンピック記念の100円硬貨、6種類の引き換えが始まる まばゆい輝き

記念金貨などと違い、金融機関で気軽に引き換えられます。

[ねとらぼ]

 2020年東京オリンピック・パラリンピックを記念した100円硬貨6種類の引き換えが、オリンピックまであと1年となった7月24日に始まりました。

フォト 金融機関で誰でも引き換えられる東京オリンピック・パラリンピック記念100円硬貨。作りたてということもあってまばゆい

 引き換えが始まった100円硬貨は、図柄としてオリンピックは「空手」「スケートボード」「スポーツクライミング」「サーフィン」「ウエイトリフティング」を、パラリンピックは「ゴールボール」を採用しています。

 裏面にはオリンピック、パラリンピックのエンブレムがそれぞれデザインされているほか、硬貨側面のギザギザがオリンピックとパラリンピックでは異なり、手で触れることで識別できるようになっています。それぞれ394万8000枚を発行します。

フォト 通常の100円玉と同じサイズ

 100円記念硬貨の直径は22.6ミリ、重さは4.8グラムと、通常の100円玉と同じ。ですが、異なる種類の金属板をサンドイッチ状に重ね合わせる「クラッド技術」を使った「クラッド貨幣」となっており、通常の100円硬貨は素材が銅75%、ニッケル25%の白銅なのに対し、記念硬貨は銅87.5%、ニッケル12.5%の「白銅及び銅」となっています。

フォト オリンピック「空手」
フォト オリンピック「スケートボード」
フォト オリンピック「スポーツクライミング」
フォト オリンピック「サーフィン」
フォト オリンピック「ウエイトリフティング」
フォト パラリンピック「ゴールボール」
フォト オリンピック、パラリンピック記念硬貨の裏面には大会エンブレム

 引き換えは、銀行や信用金庫などの金融機関で受け付けています。初日に筆者が訪れた都内の都銀の支店では、6種類を各2枚ずつ、計12枚・1200円までという制限がありましたが、25日以降は制限がなく、ただしなくなり次第終了という説明を受けました。

 今回引き換えが始まったのは、記念硬貨の第2次分。第1次分の100円硬貨では、図柄として五輪が「フェンシング」、パラリンピックが「ボッチャ」を採用し、18年11月に引き換えを始めています。第3次分は19年1月ごろを予定しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響