ニュース
» 2019年07月25日 09時00分 公開

JR五能線からの眺めが幻想的 紫に輝く空と海が心を揺り動かす

日没後に数十分だけ見えたという、奇跡的な風景。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 秋田県の東能代駅-青森県の川部駅間を走る、JR五能線の車窓から幻想的な風景が撮影されました。空も海も紫色に輝いて、思わずハッとさせられます。


五能線 うっとり

五能線

五能線 車内がガラガラなのもあってCGのようにも見えますが、iPhoneでフィルターをかけて撮った写真だそうです

 投稿主のサルミアッキマン(@tajiri0917)さんが青森旅行中、弘前−深浦間でとらえたショット。列車が海の見える区間に入った瞬間に撮ったもので、日没後の約30分間だけ、空が不思議な姿を見せていたといいます。

 リプライには「こんなきれいな紫色の斜陽があるんですね……」「五能線沿いは夕日の王国」「異世界に入ったみたい」など、風景に魅了された人が多数。「行ってみたい」との声も多く、投稿主は「五能線は風光明媚な路線ですが運行本数も少ないです。よく計画を練りマナーを守って素晴らしい景色を楽しんでください!」とコメントしています。


画像提供:サルミアッキマン(@tajiri0917)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.