ニュース
» 2019年07月24日 18時15分 公開

東京五輪のメダルデザインが発表 アスリートの“光や輝き”がテーマ

テーマを体現するような輝き。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2020年東京オリンピック大会組織委員会が、入賞メダルを発表しました。アスリートの光や輝きをテーマに、無数の光を反射するようデザインされています。


表 表面

裏 裏面

 委員会はアスリートが栄光をつかむまでの「日々の努力」に着目し、原石を磨くようなイメージからテーマを決定。「アスリートやその活動を支える人たちのエネルギー」「スポーツで競い合いがんばっている人が讃えられる世界への願い」「世界中の人々が手をつなぐ様子」など、さまざまな意味が込められたデザインだとしています。


全体 リボンを含めた全体のデザイン。国際オリンピック委員会の規定に基づき、「パナシナイコスタジアムに立つ勝利の女神ニケ像」「競技大会の正式名称およびオリンピックシンボル」が盛り込まれています

側面 側面には競技名などが刻印される予定

 リボンのデザインには、大会を象徴する藍と紅を使用。組市松紋を用い、祝祭感とともに多様性と調和を表現しているそうです。また、視覚に障害がある人も触れることで順位が分かるよう、裏側には凸加工が施されています。


リボン リボンはメダル上部への埋め込み式

裏側 金メダルには1つ、銀メダルには2つ、銅メダルには3つの凸加工がされる

 木工職人が国産のタモ材を用いて手作りしたという、メダルケースも発表。1つ1つ異なる木目が藍色の奥に浮かび上がる仕上がりは、オリンピックとパラリンピックの多様性を象徴するものだと説明されています。


ケース

ケース フタと本体は磁石でつながっており、ずらすことでそのままメダルをディスプレイできる

 メダルのデザインは2017年12月からの公募を経て決定。選出されたデザイナーの川西純市氏は、「アスリートの努力と栄光、世界の友情を輝く光の輪で讃えられるようなメダルになればとてもうれしく思います」とコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.