ニュース
» 2019年07月24日 21時00分 公開

「アクティビティ」までまとめて検索&予約 WILLERが観光MaaSアプリを開発、地方旅行の課題に対応

まずは「ひがし北海道エリア」と「京都丹後鉄道沿線エリア」から。

[松本健多朗,ねとらぼ]

 高速バス事業や京都丹後鉄道などを手掛けるWILLERが、観光MaaSアプリ「WILLERSアプリ」を開発したと発表。2019年8月に提供を開始します。

観光MaaSアプリ「WILLERS」 飛行機、鉄道、バスなどの主要交通機関だけでなく、施設やアクティビティも含めてルート検索でき、予約や支払いもまとめられようにした観光MaaSアプリ「WILLERSアプリ」

 MaaS(Mobility as a Service)とは「移動手段(モビリティ)のサービス化」のこと。旅客機、鉄道、バス、タクシー、自家用車、自転車などの移動手段を、これまでのように個別の会社、方法、料金制度で捉えるのではなく、ITを活用してシームレスに統合した「1つのサービス」として提供することをコンセプトとした、新しい移動の概念です。大手自動車メーカーや鉄道会社、航空会社などの交通業界から、各種業界を巻き込んで、都市自治体や政府も含めて実現に向けた動きが本格化しつつあり、今後の広がりが期待されています(関連記事)

 WILLERSアプリは、このうち「地方観光の二次交通不足」の課題解決に向けて開発。行きたい観光地や体験したい「アクティビティー」も含めて、そこへ行くための交通を1つのアプリでまかなえるようにしました。鉄道やバスだけでなく、カヌーやレンタサイクル、立ち寄りスポットも含めて移動手段と体験をまとめて検索でき、同時に予約や決済できるようになるのがポイントです。

観光MaaSアプリ「WILLERS」 「地方観光の二次交通不足」の課題を解決するとうたうルート検索機能を搭載
観光MaaSアプリ「WILLERS」 周辺の観光スポット情報とともに「アクティビティー」を探し、まとめて予約や支払いを可能にする

 当初の対応エリアは「ひがし北海道」と「京都丹後鉄道沿線」。対応OSはiOSとAndroid。インバウンド観光への対応も進めており、2019年10月に英語、中国語の他言語化を予定しています。

観光MaaSアプリ「WILLERS」 対応観光地に特化し、計画から予約まで一括して旅程を組める

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.