ニュース
» 2019年07月26日 15時00分 公開

あのモンエナカラーだ! ヤマハ、MotoGPワークスマシンカラー仕様の「原2スクーター」を発売 (1/3)

気分はもうロッシ選手。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 ヤマハ発動機(以下、ヤマハ)は7月25日、原付2種スクーター「シグナスX」の限定モデル「シグナスX Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」を発表、2019年9月10日に発売します。限定数は1300台、価格は34万200円(税込、以下同)です。

CYGNUS-X MotoGPトップライダーのロッシ選手&MotoGPワークスマシン「YZR-M1」のモンスターエナジーカラーを忠実に再現したシグナスXの特別モデル「Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」(画像:ヤマハ、以下同)

 シグナスXは2003年登場の原付2種スクーター。9.8馬力を発生する124ccの空冷4ストローク単気筒エンジンを備えます。

 今回の限定モデルMonster Energy Yamaha MotoGP Editionは、バレンティーノ・ロッシ選手らトップライダーが所属するMotoGP(ロードレース世界選手権)のヤマハワークスマシン「YZR-M1」のモンスターエナジーカラーを再現。ブラック基調の迫力あるボディーカラーとモンスターエナジーの目立つスポンサーロゴを忠実に再現し、グッとそそるレーシーなイメージになりました。

CYGNUS-X CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition
CYGNUS-X MotoGPワークスマシン「YZR-M1」のグラフィックを忠実に再現
CYGNUS-X フロントもYZR-M1と同様に、ゴールドの音叉エンブレムを配置
CYGNUS-X CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Editionの主要な仕様
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.