コラム
» 2019年08月07日 11時20分 公開

「焦燥す」「洋袴」「馬尻」「卵糖」って読み方分かる? 夏目漱石が使った“自由過ぎる漢字表現”(1/9 ページ)

現代人がマネすると「読めないんだけど」とマジレスされるやつ。

[ながさわ,ねとらぼ]


 明治を代表する作家・夏目漱石は、作中で「当て字」を多用したことで知られています。漱石が用いた当て字には、当時は一般的な表記だったものから、漱石独自のものまでさまざまです。

 今回は、漱石が用いたいろいろな当て字を、クイズ形式で出題します。読めるかどうか、チャレンジしてみてください。

ライター:ながさわ(Twitter:@kaichosanEX/ブログ:四次元ことばブログ

数百冊の辞書を保有する辞書コレクター。暇さえあれば辞書を引いている。「四次元ことばブログ」(http://fngsw.hatenablog.com/)で辞書や日本語について発信中。


問題一覧

 夏目漱石が使った、次の当て字の読み方は?

 漱石自身は、実はそれほど漢字表記にこだわりがなかったようです。まず使いたいことばを思い浮かべてから次にこれを漢字で表したらどうなるかと考えるのが順序で、漢字のほうは「どうなってもよき心地」がすると、編集者に宛てた手紙で書いているほどです。この漱石の感覚が、結果として多様な漢字表記を生んだというわけです。

 また、そもそも明治期には、現代のような「一つのことばに一通りの書き方が対応する」という規範が一般的ではありませんでした。漱石を通じて、当時の柔軟な表記を味わってみてください。

【問題】馬尻



       1|2|3|4|5|6|7|8|9 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む