ニュース
» 2019年07月26日 21時35分 公開

シンプルだけどおいしそう “蒲焼のタレ”だけを使ったお弁当「土用のたれめし」、開発の背景を聞いた

うなぎ由来の素材は不使用。

[ねとらぼ]

 「うなぎ抜きのうな丼」のようなお弁当「土用のたれめし」が注目されています。大学生協で販売しているもので価格も税込み198円と手頃となっています。Twitterでは多いもので数千件RTされるなど、うなぎの代用品として話題となっているようです。


うなぎ なお、「蒲焼さん太郎」などを乗せるとより美味しくいただけるそうです

 その名の通り、内容はご飯に蒲焼のタレをかけただけ。ちょっとさみしい気もしますが、タレの味が染みたご飯のおいしさを考えればその味はなかなかのものと思われます。うなぎが絶滅危惧種に指定されたことで、近年では土用の丑の日が近づくたびにうなぎの代用品の話題が盛り上がりをみせますが、「土用のたれめし」はその1つの答えといえそうです。

 大学生協事業連合に取材したところ、「土用のたれめし」は2018年7月に販売開始し、今年で2年目。もともとは東京地区のみでの販売でしたが、Twitterで大反響となったことを受け、今年は北海道から九州まで(中国・四国エリアを除く)の大学生協で販売することを企画したそうです。なお、残念ながら今年の販売期間は7月26日で終了するとのこと。

 同団体では数年前まで季節商品として「うなぎおにぎり」を販売していたものの、価格の高騰や絶滅危惧種への指定に伴い、「うなぎ関連の商品は販売しない」方針に。その代わりに土用丑の日に「うの付く商品」の販売を検討していたところ、商品開発中に、“おいしい蒲焼タレ”が出来上がり、「タレだけでご飯が食べられる!」となったことから、「土用のたれめし」の販売が始まったそうです。商品化にあたっては「うなぎエキス」などうなぎ由来の素材を一切使用していないことがこだわりとのこと。

 SNSでも話題を集めている「土用のたれめし」ですが、その評判は大学生協側にも届いており「安くてうまい」「思っていた以上にたれがうまい」など好評の様子。今年の販売期間は終了となりますが、また2020年の土用の丑の日が近づいたころに食べてみたいところです。


うなぎ 2018年の告知

画像提供:大学生協事業連合



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.