ニュース
» 2019年07月27日 11時30分 公開

100種類以上がそろう「最中(もなか)皮の専門店」がキュート クマやアザラシにお好みの“あん”を入れて楽しめる

老舗菓子種(かしだね)メーカーの「加賀種」が運営。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 クマや招き猫、まんまるのアザラシなど、かわいらしいデザインのそろった“最中(もなか)皮の専門店”、「たねらく」が注目を集めています。目に楽しい皮に好みの“あん”を詰めて食べられるとか、とてもステキな予感。


最中の皮

最中の皮 この多彩なデザインが全て最中の皮

最中の皮 投稿主が推すクマさん

最中の皮 コロコロしたアザラシもかわいい

 100種類以上もの最中の皮を、最小100枚から注文できるオンラインショップ。価格帯はおよそ2000〜3000円となっています。ラインアップにはアンコや包装紙も。あわせて購入し、パリパリの最中を楽しめる贈り物にするのもよさそうです。


最中の皮 カラフルな5色セットも

最中の皮 アンコも取り扱っています

 運営元は明治10年(1877年)創業の加賀種。最中や水飴などを幅広く手がける菓子種(かしだね)メーカーです。全国の和菓子店へ最中皮を卸しており、オリジナルの皮を金型から作るといった注文も受け付けています。


最中の皮 和菓子屋の製品デザインから包装紙まで請け負っている

 たねらくで販売されている皮は、現在約120種類。加賀種の業務や金型の試作で生まれた皮も扱っているため、実際にどこかのお店で見かけるような皮が選べることもあるそうです。

 同サイトはTwitterユーザーの「かわいいは鈍器」(arekorekawaii)さんのツイートから広く知られることに。あんこだけでなく、アイスや果物、ポテトサラダやスモークサーモンと合わせるなど、さまざまな食べ方が提案されています。


協力:かわいいは鈍器(arekorekawaii)さん/加賀種


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.