レビュー
» 2019年07月29日 11時19分 公開

「私の浮気を責めないのは自分が浮気をしてるからじゃ……」とんでもない理由で夫を疑う相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

不倫がバレてクルマでビュンビュン逃走、やめて!

[北村ヂンねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは7月22日(月)放送の加藤諦三パーソナリティー回。2度目の浮気がバレた相談者が、夫が強く怒らないことを疑問に思い「夫も浮気してるからじゃないか?」と疑心暗鬼になるというとんでもない相談。アドバイスの方も謎過ぎる展開を見せる。


テレフォン人生相談 アドバイザー:大原敬子(幼児教育研究)、マドモアゼル・愛(エッセイスト)、高橋龍太郎(精神科医)、三石由起子(作家・翻訳家)、田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)、中川潤(弁護士)、大迫恵美子(弁護士)、坂井眞(弁護士)、塩谷崇之(弁護士)、野島梨恵(弁護士) イラスト/北村ヂン

私の浮気を責めない夫は浮気をしているんじゃ……!?

 相談者は50歳女性。夫は47歳。24歳の娘と、22歳の息子がいる。浮気相手は66歳。

 以前から、同じ会社に勤める男性と浮気をしていたという相談者。しかし1年半前にバレてしまい、浮気相手の妻と自分の夫の前で土下座。「もうこういうことは致しません」という念書を提出した上、会社も退職した。

 浮気が引き起こした影響の大きさに、相談者も反省していたようだが、半年くらいして浮気相手から再びLINEが届いたという。

 「『今でもお前のことが好きだから会いたい』っていうLINEだったんです。私も嫌いで別れたわけじゃなかったんで、今度はうまくやろうという気持ちと、どうしようという気持ちと交錯して……それでも会ってしまったんですよ」

 土下座までしておきながら、半年で浮気再開とは……。

 「今度はうまくやろう」ということで、これまでは近所で待ち合わせをしていたのを、クルマでの待ち合わせに変更。しかし夫の方もチェックを厳しくしていたようで(スマホを盗み見たりしていたのだろうか?)、

 「後ろ振り返ってみたら、つけられてたんですよー」

 「いや『つけられてたんですよー』って非常に残念そうな……」

 「もう、ビュンビュン飛ばして逃げたんですけど、結局バレてしまってぇ

 「『ビュンビュン飛ばして逃げた』すごい危ない話ですよね、事故でも起こしかねないでしょう」

 浮気に対する後ろめたさがまったく感じられない、ゴーイング・マイウェイ過ぎる相談者にペースを狂わされたのか、加藤先生の受け答えも若干トンチンカンだ。

 カーチェイスの結果、その場はなんとか振り切ったものの、当然、逃げたら無罪放免という話ではない。浮気再開がバレバレとなり、夫は浮気相手に電話をして責め立てる。しかし、なぜか相談者に対しては「怒ってないからね」と優しい態度を取っているというのだ。

 浮気を気軽に再開した上に、バレたらカーチェイスというトンデモナイ妻に対して寛容な態度を見せる夫。責めないことで逆に、多少は罪悪感が芽生えるのでは……という判断なのだろうか?

夫の浮気を突き止める方法を?

 ところがこの相談者、この夫の反応を見て罪悪感を抱くどころか、とんでもないことを言い出す。

 「1回目の時は烈火のごとく怒ってましたけど、2回目の時は全然怒らなかったんですよ。何か……自分(夫)も(浮気)してるから言えないんじゃないかなと思って。そこら辺を疑ってるんですけどぉ」

 どうやら「夫の浮気を突き止める方法を教えてもらいたい」という相談のようなのだ。もちろん、相談者の完全な妄想でしかない夫の浮気疑惑を突き止めるもクソもないわけで、どんなアドバイスが返ってくるのかワクワクしてしまう。

 大迫恵美子、三石由起子あたりの厳しめな先生にお願いして、キツーく説教してもらいたいところだが……。相談者がポロッと漏らした一言で、相談の方向性が変わっていく。

 「もう鬱になって15年くらい経つんですよ」「何も信じるものもないし、目的もないです、もう朝起きて死んでたらいいなって思うぐらいで、3回ほど自殺未遂したんですよ」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  2. /nl/articles/2402/23/news013.jpg 生後3カ月赤ちゃん、人生初の証明写真撮影で“キメ顔”を披露! 撮影風景と仕上がりに「たまらん」「かわいすぎるー!」
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  5. /nl/articles/2402/10/news023.jpg 焼肉きんぐの会員ランク、「なんで警察なんですか」 SNSで注目の疑問、運営元に聞いてみた
  6. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  7. /nl/articles/2402/23/news045.jpg チョコザップなのにジムがない!? まさかの“ジムなし”店舗に驚きの声 なぜなのかライザップに聞いた
  8. /nl/articles/2402/23/news008.jpg 7歳娘に将来の夢を聞いてみたら…… まさかの回答が爆笑必至「真面目に言ってるのが最高」「どんな夢でも応援します!」
  9. /nl/articles/2402/23/news014.jpg 産前・産後では、“友人の赤ちゃんとの初対面”が全くちがう? 別人のような変貌に「めっちゃ分かりすぎます」「爆笑しました」
  10. /nl/articles/2402/23/news055.jpg 川崎麻世、「相棒」共演していた“いつも優しい兄貴”と笑顔の再会 過去の“大失敗”にも肩たたき「人生そんな事もあるさ」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」