ニュース
» 2019年07月29日 11時55分 公開

パジェロが復活──!! 三菱自が新型「パジェロスポーツ」を発表、ただし国外専売 (1/2)

なぜ海外向けのみなんだぁぁ。【画像11枚】

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 三菱自動車は7月25日、タイで新型のSUV(スポーツタイプ多目的車)「パジェロスポーツ」を発表しました。フィリピン、オーストラリアなど国外市場約90カ国で販売します。タイでの販売価格は129.9万バーツ(約457万円)から。

パジェロスポーツ 三菱自動車「パジェロスポーツ」(写真:三菱自動車、以下同)

 パジェロスポーツは、2019年8月で国内向け生産を終了するオフロード型/オールラウンドSUV車種「パジェロ」をベースにした、国外専売の中型SUV。同社のタイ子会社ミツビシ・モーターズ・タイランドの工場で生産します。パジェロの持つオフロード性能や耐久性の特徴を引き継ぎつつ、乗員の快適性や機能性などを向上させました。

パジェロ (参考)2019年4月に発表されたパジェロ現行モデルの最終特別仕様車「パジェロ FINAL EDITION

 パワートレインは2.4リッターMIVECディーゼルターボエンジンと8速ATの組み合わせ。投入国の需要に応じて2WD車もあるようですが、4WD車には路面状況に応じて最適な駆動力と高い操作性を両立させるという4WD機構「スーパーセレクト4WD-II」を搭載します。

 インテリアには8インチ液晶で構成したデジタルメーターや、スマートデバイスと連携できる8インチディスプレイのインフォテインメントシステムを採用。「エレクトリックテールゲート」と呼ぶリア電動ドアも搭載。こちらもスマートデバイスと連動でき、手を触れずにドアの開閉が行えます。

パジェロスポーツ 内装
パジェロスポーツ コンソール後部にはUSB電源やAC電源なども


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.