ニュース
» 2019年07月30日 15時20分 公開

セブン、「7iD」全ユーザーのパスワードをリセット セキュリティ強化の一環で

パスワードの設定条件も変更。

[ねとらぼ]

 「7pay」の不正使用問題で、セブン&アイ・ホールディングスは7月30日、グループのサービスを利用するための共通ID「7iD」の全会員(1500万人以上)のパスワードをリセットしたと発表しました。サービスをより安全に利用してもらうセキュリティ強化のためだとしており、ユーザーはパスワードを再設定する必要があります。

フォト パスワードの再設定を求めている(オムニ7のWebサイト
フォト 7iDの対応サービス(ニュースリリース

 現在、「オムニ7」のWebサイト上などでパスワードの再設定を求めるページを公開しています。また、パスワードの設定条件も変更しており、「アルファベットの大文字・小文字を必ず1文字以上使用し、かつ数字か記号を組み合わせて9文字以上で入力してください」と指定しています。

 パスワードを再設定しないで新規会員登録した場合、セブンマイルプログラムのマイル情報などは引き継げないため、注意するよう呼び掛けています。

 7payはセブン&アイグループのバーコード決済サービスとして7月1日にスタートしましたが、直後に不正使用が発覚し、7月29日時点で807人、計約3860万円の被害が確認されています。現在は7payのチャージを停止しており、再開の予定などは明らかにされていません。

 また、システム全体の確認とセキュリティ対策が完了するまで、9月1日から予定していたセブンマイルプログラムのリニューアル内容を一時変更。「200円(税別)ごとに1マイルがたまり、nanacoポイントに交換可能」とする予定でしたが、交換対応を延期します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.