ニュース
» 2019年07月30日 21時00分 公開

電話とメールでのぞく“向こう側の世界” 「きさらぎ駅」みたいなホラーゲーム「ヨミクニサン」に震える

これは名作の予感……!

[Kikka,ねとらぼ]

 脱出ホラーゲーム「ヨミクニサン」が、「抜群に良い」「シチュエーションが『きさらぎ駅』っぽくてぞっとする」と話題を呼んでいます。これは怖い……。

 話題のフリーゲーム「ヨミクニサン」は、Windows対応のPCゲーム。主人公は大学進学のため、引っ越しの準備をしている遠子(プレーヤー)で、幼なじみの亮太が引っ越しの手伝いに来てくれることになるものの、こちらへ向かう亮太からは不穏なメールが届きはじめ……というストーリー。


ホラー ヨミクニサン ゲーム 脱出ホラーゲーム「ヨミクニサン」

 電車で遠子の元へと向かっていた亮太がなぜか異世界(?)へと迷い込んでしまうところから物語がスタートするのですが、「向こう側」の情報は断片的に届く“画像”や“音”のみ。亮太からかかってくる電話やメールに対して適切なアドバイスを選択することができれば、見事生還というシステムになっているものの、生還パターンはいくつか用意されているようで、何度も繰り返し、さまざまな方法で脱出・生還を果たさなければ、「異世界の正体」は分からないという凝った内容になっています。


ホラー ヨミクニサン ゲーム タイトルからゾクゾクする……

 こうしたストーリーの内容はもちろん、プレイヤーの心をつかんで離さないのがその世界観です。あるはずのない駅にたどり着く、朽ち果てているのに稼働し続けている工場、人気のない鉱山など、おどろおどろしい場所へ向かう展開が繰り返され、中にはネット都市伝説として人気がある「きさらぎ駅」を思い出す声も少なくありません。


ホラー ヨミクニサン ゲーム 分岐する選択肢を選び、亮太を脱出させる

ホラー ヨミクニサン ゲーム ここはどこなんだ……

 また亮太が送ってくる画像(約50個ほど)にも拡大しないと読めないほど小さな文字で重要なヒントが書いてあったり、BGMとして聞こえてくる音楽にも秘密がちりばめられていたりと、ホラーファンだけでなくゲームファンもうならせる仕掛けがいくつも施されています。


ホラー ヨミクニサン ゲーム クセになる世界観でついついプレイ時間が延びる

ホラー ヨミクニサン ゲーム

 「ヨミクニサン」は7月26日にPC無料ゲーム紹介サイト「Freem!」にて公開されると、SNSで瞬く間に話題になり、7月30日時点では「Freem!」内の「本日のランキング」で1位を獲得しています。

 ゲームをプレイするためには「Freem!」で「ヨミクニサン」のダウンロードが必要な他、RPGツクールの「RPGツクールXP RTP」のダウンロードが必要です。1回あたりのプレイは大体15分程度ですが、脱出に失敗するとまた最初からプレイになってしまうほか、生還できるまではセーブもできないのでついつい時間を忘れて没頭しすぎないよう注意が必要です。

画像:無料ゲーム紹介サイトFreem!より

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  6. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  7. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  8. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた
  9. /nl/articles/2111/30/news018.jpg 「人魚が入ったソーダ」を出す海の家、飲んでしまったら何が起こる? ミステリアスな怪異を描いた漫画
  10. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」