インタビュー
» 2019年10月04日 11時45分 公開

【なかよし編集部に直接聞いてみた】「きんぎょ注意報!」などの名作、「なかよし」65周年で動きはある?(1/2 ページ)

2018年末に亡くなったあさぎり夕先生作品、長期連載の「わんころべえ」についても聞いてみました。

[ねとらぼ]


 2020年に、65周年を迎える少女漫画雑誌「なかよし」。親しんできた読者にとってちょっと気になるのは「“作る側”の人たちは、どんなことを考えているのか」ということではないでしょうか。

 そこで、ねとらぼのTwitterアカウントを使って質問を募集し、なかよし編集部に回答してもらおう、というのが本企画。今回は「今後のあさぎり夕先生の作品、『きんぎょ注意報!』などでの動き」を伺いました。



―― 寄せられた声の中には、古い作品に関するものも。2018年に亡くなったあさぎり夕先生の作品や「きんぎょ注意報!」(猫部ねこ先生)に触れているものもありました。

Q:あさぎり夕先生の漫画が読めなくなったのは残念でした

A:あさぎり先生のご逝去は本当に残念でなりませんが、先生が遺されたたくさんの作品たちは永遠に生き続けます。いまこそあさぎり先生の名作たちを改めてみなさんに読んでほしいという想いから、復刻電子化を進めております。ぜひご注目くださいませ!

 なかよし編集部員(以下略):「なかよし」であさぎり先生の作品を読んでいたのは、世代でいうとたぶん40代くらいでしょうか。あさぎり先生の作品は電子でも配信中で、10月からは作品数も増える予定です。「なかよし」のWebサイト上に情報を出す予定ですので、そちらでご確認いただければ。

 また、10月4日から行う予定の原画展にも特別コーナーを設ける予定です。

―― 「なかよし」の原画展って珍しいですよね。

 そうですね。「カードキャプターさくら」単独のものはよくありましたが、「なかよし」としての原画展はけっこうレアだと思います。

 また、「きんぎょ注意報!」の動向に関する質問もあったのですが、こちらも原画展に登場する予定です。原画展を記念したカラー図録の発売やグッズ販売の予定もありますので、お楽しみに!

創刊65周年記念『なかよし』展 〜乙女には恋と夢(ファンタジー)が必要だ☆〜

  • 場所:弥生美術館(東京都文京区)
  • 期間:10月4日〜12月25日
  • 場所:料金:一般900円/大・高生800円/中・小生400円

ちなみに、懐かしのふろくなども登場する予定

Q:なかよしの、特に90年代頃の付録や全員サービスが大好きです! 某誌でおこなわれていたような、「付録展」などの開催予定はありませんか?

A:創刊65周年を記念して、10月4日から東京 弥生美術館で「なかよし」原画展を開催します。その中で、なつかしの付録も展示する予定です。

原画のラインナップなど、詳しいことは「なかよし」8月号読んでいただくか、弥生美術館さんにお問い合わせをお願いいたします。

―― “古い”というか“古くからある作品”になりますが、「わんころべえ」っていつから連載しているんですか?

 ずっと同じ作者(あべゆりこ先生)で、連載期間は40年以上になります。これだけの長期連載で、休載が一度もないという超人ぶりです。

 かわいらしい世界観をずっと愛してくださっている読者の方たちがいて。末永く続けていきたい作品ですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  3. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  8. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  9. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」