ニュース
» 2019年08月22日 18時00分 公開

ネットがリアルの一部に “招待制”で市民権を得たSNSの元祖「mixi」の足跡連載「わが青春のインターネット」(1/2 ページ)

mixiで学んだネットマナーは今のSNSにどう生かせているのか。

[Kikka,ねとらぼ]

 SNS の先駆け「mixi」(ミクシィ)。15年前、完全招待制の珍しさや「足あと」機能といった斬新なアイデアで人気を博し、多くの人が“ネットでつながる楽しさ”を知るきっかけとなりました。mixiで出会い、結婚したユーザーは今もなお課金を続けていると言います。あのころ、なぜ人々はmixiに熱狂したのでしょうか。SNSでの発信が当たり前となった今あらためて振り返ります。


mixi SNS ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) の先駆け「mixi」(公式サイトより/画像は編集部で一部加工しています)

mixiはなぜ爆発的に流行したのか

 日本におけるSNSの草分け的存在「mixi」は、「心地よいつながり」を軸にコミュニケーションの場を提供するSNSとして2004年に産声を上げました(サービス説明文より)。2019年7月時点で270万以上の趣味のコミュニティーが存在しているほか、1万件以上のイベントが掲載されています。

 そんなmixiが爆発的な人気を誇るきっかけとなったのは、「完全招待制」という珍しい登録スタイルでした。既にmixiに入会しているユーザーから招待されないと、新規利用登録ができないのです。全盛期にドップリmixiにドはまりしていた筆者も「招待された者しか参加できないすごいサイトがあるらしい」といううわさを2004年末ごろに聞きつけた1人で、周囲にはまだmixiを利用している人が全くいなかったことから、匿名掲示板「2ちゃんねる」の「mixi招待スレ」に招待してほしい旨とメールアドレスを書き込み、Aさんという20代の男性から招待をしてもらうことに成功しました。

 実はこのAさん。筆者がmixiを退会するまでマイミク関係だった方で、「しばらくしたら僕とのマイミクを外せるようになるので、不要なら切ってくれて構わないです」とか「mixiではマイミク申請するときには、メッセージで一言あいさつをしたほうがいいですよ」といった基本的なルールを丁寧に教えてくれました。そう、黎明期〜全盛期のmixiには基本的なお作法がたくさんあったのです。

「踏み逃げ禁止」「バトン」mixi独自の文化とマナー

 mixiを語るうえで外せないのが、誰が自分のページにアクセスしたのかが分かる機能「足あと」(旧:足跡)。mixiの登場以前、個人のサイトにアクセスカウンタなどを設置し、「キリバン」(切りの好い番号でアクセスすること)報告をするといった文化は存在していましたが、リアルタイムで誰がいつ自分のページを訪問したのかが分かる「足あと」がmixiに取り入れられたことにより、メイン機能の「日記」を書いた後は、誰が読みに来てくれるのかを日がな一日眺め続けたユーザーも少なくないことでしょう。

 しかし、この「足あと」機能はとある独自ルールを生み出してしまいます。それが「踏み逃げ禁止(読み逃げ禁止)」。ユーザーの日記などを読みに行くことで「足あと」を残しつつ、日記へのコメントやメッセージを送らないで立ち去るという行為です。いわば日記版ROM専(※)状態のことですが、当時のmixiではこうした行為を非常識と捉える人々がおり、プロフィールに「読み逃げ禁止」「素通りNG」といった文言を書き加えている場合もありました。

(※)ROM専……書き込みなどをせず、投稿を見ているだけの人のこと。近年では「既読スルー」の感覚に近いかもしれない。

 また「バトン」と言われる質問リストも、この「足あと」機能によって物議をかもしました。日記のタイトルを「離婚しました」「退学します」など、センセーショナルなものにしてアクセスさせたうえで始まる「バトン」は、「今恋人がいる?」「携帯の機種は?」といった他愛もない質問に回答していくというもの。末尾には「読んだ人は必ずやらなくてはならない」「絶対強制」などという恐ろしい一文が書き添えられている場合が多く、「足あと」によって日記を読んだことが投稿者にバレているという恐怖感から、しぶしぶ回答している人が多かった印象です。

 またこのほかにも友達同士になるための「マイミク申請」では、前述の通り「○○のコミュニティーから来ました」といったあいさつ文を添えることがお決まりで、とにかくマイミクを増やしたい目的で見ず知らずの人相手に手当たり次第に「マイミク申請」をしていると、知らぬ間に嫌われていくといった悲しい文化もありました。

 いずれにせよ、mixiで重視されていたのは「人への気遣い」。思いやりの気持ちを持って利用する――という基本的な精神は今のSNS文化にも継承されているのではないでしょうか。

 ここまで「足あと」にまつわるお話を展開してきましたが、そんな「足あと」を巡って2011年6月、事件が起こります。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  2. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  3. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声