ニュース
» 2019年08月01日 13時30分 公開

「西日本最大なのに認知率10%」 姫路セントラルパーク、プール施設の自虐広告を展開

サイトを見にいくと、いきなり「姫センのプールをほめちぎって」とお願いされます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 兵庫県姫路市のサファリパーク、姫路セントラルパークが、西日本最大のプールを32年も営業しているにもかかわらず、認知率が10%弱しかないと嘆く自虐広告を展開しています。


姫セン 「32年かけて、認知率10%にたどり着けました」

 そんな悲しさから「たまにはほめられてみたい」と、特設サイトは「サイトに入る前に、姫センのプールをほめちぎって」と閲覧者にお願いする仕様に。「姫センのプールは(3文字)最大」など、文を指定された条件で穴埋めしていくと、ヨイショ具合が100点満点で採点されます。


姫セン 入力を済ませて「採点する」を押すと、結果が出たのちメインページへ。「採点せずにサイトをみる」を選べば、入力をスルーして直接飛べます

 さっそく「東日本」などひねくれた言葉ばかりで埋めてみたところ、得点はマイナス34点。「お願いです……夏くらい私たちを喜ばせてください」と悲しまれてしまいました。反省して「西日本」「スライダー」「ナイト(プール)」「行く」など、模範解答を入力した結果は98点……惜しいっ。


姫セン 掲載を自粛する程度に無礼な言葉ばかり、試しに入れてみたら散々な結果に。ちなみに、最後の数字を1以下にしたり、ひどい言葉を入れたりすると、入力枠が警告のように赤くなりますが、採点に進むことはできます

姫セン 今度はまじめに解答。最後の数字は景気良く盛ってみました

姫セン 結果は満点にわずか及ばず。盛りすぎてもダメみたい

 そこで、最後の数字(夏の間に同施設へ行きたい回数)を、多すぎないよう「30」にしたら、やっと100点に。しかし、コメントは急におどろおどろしい書体になり、「よくぞまぁ心にもないほめ言葉をここまで……」と、呪いの言葉をぶつけられてしまいました。


姫セン がんばってほめたのにこの仕打ち

 ほめようが、けなそうが、面倒くさいことを言われるテストを終えると(スルーしてもOK)、やっとサイトのメインページへ。「ナイトプールもあるのに知名度は3.2%」「原因は全て、CMで名前だけ伝えてサボっていた我々にある」など、いよいよ本格的な自虐が始まります。


姫セン 「ナイトプールを知っている人はマニア」

姫セン 「これまでの姫センボタン」を押すと、ページのテキストが「姫セン」だらけになり、「中身を伝えているつもりが名前しか残らない状況」を疑似体験できます

姫セン 膨大な自虐テキストを写真にかぶせた結果、施設の良さが伝わりにくくなったポスターの数々

 PR動画内の来園者インタビューでも、「知らない」「興味がない」など、ミもフタもない声が上がるばかり。とうとう「日本一、(お客さんから)心の距離が遠いプール」と、悲しいキャッチコピーがついてしまいましたが、そのタフネスで何でも乗り切れそうな気もします。

動画が取得できませんでした

姫セン 同施設は4月〜5月ごろにも自虐広告を展開し、和歌山や神戸に嫉妬する思いを述べていました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/16/news008.jpg 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  2. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  3. /nl/articles/2110/16/news042.jpg 木村カエラ&永山瑛太、仲睦まじい美術館デートに反響 「素敵!」「ご夫婦で行かれたのですね」とファンほっこり
  4. /nl/articles/2110/16/news014.jpg “いけにえ”に出された娘が望むのは…… かわいそうな話からの強火すぎる漫画に「このヒロイン大好き」「いいぞもっとやれ」
  5. /nl/articles/2110/15/news028.jpg 【漫画】好きでもないケーキを毎週買いに来るおじさん客、いら立ったバイトが“イジワル”をしかけると…… すれ違いから始まる交流に涙
  6. /nl/articles/2110/16/news040.jpg 浜田雅功&小川菜摘、32回目の結婚記念日に仲よし夫婦ショット 息子からの祝福&プレゼントに笑顔で「嬉しい〜!」
  7. /nl/articles/2106/06/news011.jpg 号泣する2歳児に黒猫が寄り添うと…… 子どもをあやしてくれる兄のような猫ちゃんにほっこり
  8. /nl/articles/2110/15/news145.jpg 仲里依紗、運転免許証も鮮やかなブルーの髪色で 派手さマシマシの写真公開し「2026年までこれか〜」
  9. /nl/articles/2006/13/news011.jpg 王子が一目ぼれしたガラスの靴の少女、その正体は……? 童話みたいにいかないラブコメ漫画に「続きが気になる」の声
  10. /nl/articles/2110/16/news017.jpg よくある「パワータイプの弟と頭脳タイプの兄」……と思ったら? 全部盛りな兄とかわいいだけの弟の漫画がギャップ萌えのような何か

先週の総合アクセスTOP10