ニュース
» 2019年08月01日 13時30分 公開

「西日本最大なのに認知率10%」 姫路セントラルパーク、プール施設の自虐広告を展開

サイトを見にいくと、いきなり「姫センのプールをほめちぎって」とお願いされます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 兵庫県姫路市のサファリパーク、姫路セントラルパークが、西日本最大のプールを32年も営業しているにもかかわらず、認知率が10%弱しかないと嘆く自虐広告を展開しています。


姫セン 「32年かけて、認知率10%にたどり着けました」

 そんな悲しさから「たまにはほめられてみたい」と、特設サイトは「サイトに入る前に、姫センのプールをほめちぎって」と閲覧者にお願いする仕様に。「姫センのプールは(3文字)最大」など、文を指定された条件で穴埋めしていくと、ヨイショ具合が100点満点で採点されます。


姫セン 入力を済ませて「採点する」を押すと、結果が出たのちメインページへ。「採点せずにサイトをみる」を選べば、入力をスルーして直接飛べます

 さっそく「東日本」などひねくれた言葉ばかりで埋めてみたところ、得点はマイナス34点。「お願いです……夏くらい私たちを喜ばせてください」と悲しまれてしまいました。反省して「西日本」「スライダー」「ナイト(プール)」「行く」など、模範解答を入力した結果は98点……惜しいっ。


姫セン 掲載を自粛する程度に無礼な言葉ばかり、試しに入れてみたら散々な結果に。ちなみに、最後の数字を1以下にしたり、ひどい言葉を入れたりすると、入力枠が警告のように赤くなりますが、採点に進むことはできます

姫セン 今度はまじめに解答。最後の数字は景気良く盛ってみました

姫セン 結果は満点にわずか及ばず。盛りすぎてもダメみたい

 そこで、最後の数字(夏の間に同施設へ行きたい回数)を、多すぎないよう「30」にしたら、やっと100点に。しかし、コメントは急におどろおどろしい書体になり、「よくぞまぁ心にもないほめ言葉をここまで……」と、呪いの言葉をぶつけられてしまいました。


姫セン がんばってほめたのにこの仕打ち

 ほめようが、けなそうが、面倒くさいことを言われるテストを終えると(スルーしてもOK)、やっとサイトのメインページへ。「ナイトプールもあるのに知名度は3.2%」「原因は全て、CMで名前だけ伝えてサボっていた我々にある」など、いよいよ本格的な自虐が始まります。


姫セン 「ナイトプールを知っている人はマニア」

姫セン 「これまでの姫センボタン」を押すと、ページのテキストが「姫セン」だらけになり、「中身を伝えているつもりが名前しか残らない状況」を疑似体験できます

姫セン 膨大な自虐テキストを写真にかぶせた結果、施設の良さが伝わりにくくなったポスターの数々

 PR動画内の来園者インタビューでも、「知らない」「興味がない」など、ミもフタもない声が上がるばかり。とうとう「日本一、(お客さんから)心の距離が遠いプール」と、悲しいキャッチコピーがついてしまいましたが、そのタフネスで何でも乗り切れそうな気もします。

動画が取得できませんでした

姫セン 同施設は4月〜5月ごろにも自虐広告を展開し、和歌山や神戸に嫉妬する思いを述べていました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」