ニュース
» 2019年08月01日 18時00分 公開

アンディ・ウォーホルがペイントした「BMW M1 アートカー」公開 40年前の車両、存在感すごすぎ

お値段……? いくらくらいかも想像できません。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 BMWは7月30日(現地時間)、アンディ・ウォーホルがペイントした「BMW M1 アートカー」の写真を公開しました。

BMW M1アートカー ポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホルがペイントした「M1 アートカー」(写真:BMW、以下同)

 M1は1970年代のミッドシップ高性能スポーツカー。同社のチューニング部門であるBMW Mが初めて開発したとする車種で、1979年のル・マン 24時間レースにも出場しています。

 このM1へ、20世紀を代表する芸術家であり、ポップアートの巨匠と言われるアンディ・ウォーホルが色を塗って仕上げたのがM1 アートカーです。あざやかで斬新な色使い、ボンネットや側面にはル・マン参戦時のカーナンバー「76」も入っています。

BMW M1アートカー 車体側面にはル・マン参戦時のカーナンバー「76」が
BMW M1アートカー ものすごい存在感……!

 撮影はケルンの古い工場内で、ミュンヘンを中心に活動する自動車写真家のステファン・バウアー(Stephan Bauer)氏が担当。このBMW M1 アートカーが作られて、ちょうど40年目の日に撮影されたそうです。

BMW M1アートカー ロケ地の雰囲気もすごい
BMW M1アートカー まるで絵画のような美しさ……

 ちなみにウォーホルの作品は軽くウン億円単位で取引されます(関連記事)。また、クラシックカーにも美術品と同様にウン億円、ウン十億円単位の値が付く世界があります。BMWはこのウォーホルM1アートカーを手放す気など全くないでしょうが、もし値段を付けるとしたら……一体いくらになるのでしょう。気が遠くなりそうです。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.