ニュース
» 2019年08月02日 11時30分 公開

「セミオトコ」まさかの“セミ役”でコメディ俳優としての才能を発揮する山田涼介 「消えてしまいたい」限界女子に笑顔が刺さる(1/2 ページ)

危うく死にかけた由香と、危うく死にかけたセミ。

[むらたえりか, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]

 「何やってんだろう、私。何なんだろう。消えたい……」

 これは、さえないどころかいまにも消えてしまいたい限界女子のためのドラマだ。

 7月26日(金)よる11時15分から始まった金曜ナイトドラマ「セミオトコ」(テレビ朝日系)。アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が主演を務め、「セミ」役を演じる。いや、セミ役って。

 脚本はドラマ「ひよっこ」(NHK)などの岡田惠和、監督は宝来忠昭竹園元、そしてプロデューサーは昼ドラ「牡丹と薔薇」(東海テレビ)や「やすらぎの郷」、「トットちゃん!」(テレビ朝日系)などを手掛けた服部宣之だ。


セミオトコ 「Hey! Say! JUMP」山田涼介がセミになる イラスト/たけだあや

さえないどころではない限界女子

 羽化を待っているセミ(山田涼介)は、地中に6年間潜っていた。その間、聞こえてきたのは近くに建つアパート「うつせみ荘」の住人たちの声。住人のひとり・大川由香(木南晴夏)の声があまり聞こえてこないことを、セミは心配していた。

 ついにやってきた羽化のとき。セミは、地上に出てきてこれから羽を広げようとする。その上に、寄りかかった窓の柵が壊れ、由香が落ちてきた。まだ羽ばたいてもいないのに死ぬのか、とセミが覚悟しかけたとき、由香はセミに気づいて無理矢理体勢を変えた。

 由香「ごめんね。怖かったでしょう、ごめんね」

 危うく死にかけた由香と、危うく死にかけたセミ。これが、ふたりの出会いになった。

 セミ「なんて優しいんだろう。なんて。でも、なんてさみしそうな顔をしているんだろう。僕にできることはないだろうか。セミにはないのか、できること」

 現在公開中の映画「天気の子」の主題歌を思い出すようなセリフ。「僕にできること」「セミにできること」を探し、彼は人間の姿となって由香の前に現れた。

 公式サイトやリリース記事などの紹介文には、由香は「さえないアラサー女子」であると書かれている。しかし、由香の境遇は「さえない」どころではないように見える。

 由香は、「あまりに田舎過ぎて、まったくのどかではない」田舎の村で育った。両親はヤンキーでケンカばかりしていて、兄・健太(三宅健)も地元で有名な「伝説のヤンキー」として活躍していた。地味でつまらない由香は、家でも学校でも「要らない子」として扱われる。ニックネームをつけてもらったこともない人生だった。限界田舎で、限界の孤独を味わって生きてきたのだ。

 あるとき由香は、工場に出没する窃盗犯を見かけて警察に通報した。その窃盗犯が健太だったせいで、家族や周囲が由香を白い目で見るようになってしまう。たとえ犯人が身内だとしても、由香は良いことをしたはずのに……。その件でいよいよ田舎に居づらくなってしまい、彼女は給料の半分を仕送りする約束と引き換えに上京した。

 翔子「あのさあ、大川さんさあ、何のために生きてんの? 生きてて楽しい? どうやったらそういう人ができあがるの?」

 せっかく田舎を脱出してきたのに、東京でまた辛辣な言葉を投げつけられる。お弁当工場の先輩・翔子(佐藤仁美)は、どんくさい由香にイラついている。

 由香「思います。翔子さんが言うように、私は何が楽しくて、何がしたくて生きてるのかなって。死んでも、誰も悲しまないのかな。何ひとつ変わらないし、私が死んでも。生きてても仕方ないのかなって思います。でも、死ぬほど死にたいわけでもないし、いまに至る。はい……」

 モテなくて……とか、結婚できなくて……とか、仕事が上手くいかなくて……とかいうレベルの「さえない女子」ではない。自分は生きてても仕方ない、死んでも良いのかもしれない、でも「死にたい」と思って実行するほどではない。そんな危ういギリギリの女性が由香だ。

 これまで「さえない女子」が主人公のドラマに「いや、彼氏いるじゃん」「いや、大企業とかで働いてるじゃん」「いや、そもそもめっちゃ美人じゃん」とがっかりさせられてきた女たちも納得の限界感。ここまで下げて描かれたからこそ、やっと「これは自分のための話だ」と抗うことなく感じられてしまう。


セミオトコ この夏羽化したセミの住み始めたうつせみ荘の面々 イラスト/たけだあや

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  3. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  4. /nl/articles/2201/17/news112.jpg 杏、ロングヘアを20センチの大胆カット 最強の“ショート美女”が完成で「何しても可愛い!」「ますます素敵に」
  5. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  6. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  7. /nl/articles/2201/17/news147.jpg 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、「今くら」でバラエティー初出演 高身長の“サラブレッド美女”として話題沸騰
  8. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  9. /nl/articles/2201/16/news009.jpg お風呂大好きな猫ちゃん、待ちきれず湯船に……! 自ら入る姿に猫飼いから「可愛いすぎw」「羨ましい」の声
  10. /nl/articles/2201/17/news038.jpg 1歳弟に大事なおもちゃを汚されてしまった3歳兄、涙を流して部屋を出て行ったが…… 意外な一言にハッとさせられたパパの漫画に反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」