「セミオトコ」まさかの“セミ役”でコメディ俳優としての才能を発揮する山田涼介 「消えてしまいたい」限界女子に笑顔が刺さる(1/2 ページ)

危うく死にかけた由香と、危うく死にかけたセミ。

» 2019年08月02日 11時30分 公開
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「何やってんだろう、私。何なんだろう。消えたい……」

 これは、さえないどころかいまにも消えてしまいたい限界女子のためのドラマだ。

 7月26日(金)よる11時15分から始まった金曜ナイトドラマ「セミオトコ」(テレビ朝日系)。アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が主演を務め、「セミ」役を演じる。いや、セミ役って。

 脚本はドラマ「ひよっこ」(NHK)などの岡田惠和、監督は宝来忠昭竹園元、そしてプロデューサーは昼ドラ「牡丹と薔薇」(東海テレビ)や「やすらぎの郷」、「トットちゃん!」(テレビ朝日系)などを手掛けた服部宣之だ。


セミオトコ 「Hey! Say! JUMP」山田涼介がセミになる イラスト/たけだあや

さえないどころではない限界女子

 羽化を待っているセミ(山田涼介)は、地中に6年間潜っていた。その間、聞こえてきたのは近くに建つアパート「うつせみ荘」の住人たちの声。住人のひとり・大川由香(木南晴夏)の声があまり聞こえてこないことを、セミは心配していた。

 ついにやってきた羽化のとき。セミは、地上に出てきてこれから羽を広げようとする。その上に、寄りかかった窓の柵が壊れ、由香が落ちてきた。まだ羽ばたいてもいないのに死ぬのか、とセミが覚悟しかけたとき、由香はセミに気づいて無理矢理体勢を変えた。

 由香「ごめんね。怖かったでしょう、ごめんね」

 危うく死にかけた由香と、危うく死にかけたセミ。これが、ふたりの出会いになった。

 セミ「なんて優しいんだろう。なんて。でも、なんてさみしそうな顔をしているんだろう。僕にできることはないだろうか。セミにはないのか、できること」

 現在公開中の映画「天気の子」の主題歌を思い出すようなセリフ。「僕にできること」「セミにできること」を探し、彼は人間の姿となって由香の前に現れた。

 公式サイトやリリース記事などの紹介文には、由香は「さえないアラサー女子」であると書かれている。しかし、由香の境遇は「さえない」どころではないように見える。

 由香は、「あまりに田舎過ぎて、まったくのどかではない」田舎の村で育った。両親はヤンキーでケンカばかりしていて、兄・健太(三宅健)も地元で有名な「伝説のヤンキー」として活躍していた。地味でつまらない由香は、家でも学校でも「要らない子」として扱われる。ニックネームをつけてもらったこともない人生だった。限界田舎で、限界の孤独を味わって生きてきたのだ。

 あるとき由香は、工場に出没する窃盗犯を見かけて警察に通報した。その窃盗犯が健太だったせいで、家族や周囲が由香を白い目で見るようになってしまう。たとえ犯人が身内だとしても、由香は良いことをしたはずのに……。その件でいよいよ田舎に居づらくなってしまい、彼女は給料の半分を仕送りする約束と引き換えに上京した。

 翔子「あのさあ、大川さんさあ、何のために生きてんの? 生きてて楽しい? どうやったらそういう人ができあがるの?」

 せっかく田舎を脱出してきたのに、東京でまた辛辣な言葉を投げつけられる。お弁当工場の先輩・翔子(佐藤仁美)は、どんくさい由香にイラついている。

 由香「思います。翔子さんが言うように、私は何が楽しくて、何がしたくて生きてるのかなって。死んでも、誰も悲しまないのかな。何ひとつ変わらないし、私が死んでも。生きてても仕方ないのかなって思います。でも、死ぬほど死にたいわけでもないし、いまに至る。はい……」

 モテなくて……とか、結婚できなくて……とか、仕事が上手くいかなくて……とかいうレベルの「さえない女子」ではない。自分は生きてても仕方ない、死んでも良いのかもしれない、でも「死にたい」と思って実行するほどではない。そんな危ういギリギリの女性が由香だ。

 これまで「さえない女子」が主人公のドラマに「いや、彼氏いるじゃん」「いや、大企業とかで働いてるじゃん」「いや、そもそもめっちゃ美人じゃん」とがっかりさせられてきた女たちも納得の限界感。ここまで下げて描かれたからこそ、やっと「これは自分のための話だ」と抗うことなく感じられてしまう。


セミオトコ この夏羽化したセミの住み始めたうつせみ荘の面々 イラスト/たけだあや

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  6. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  9. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  10. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評