ニュース
» 2019年08月02日 12時30分 公開

リクナビ、「就活生の内定辞退予測を企業に提供」報道に対し説明 「提供先が合否判定に使わないよう確約していた」

プライバシーポリシーについて分かりやすく説明する方法を検討し終えるまで、データ提供サービスは一時休止するとのこと。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 日本経済新聞が8月1日、「就職情報サイト『リクナビ』が、就活学生の『内定辞退率』を予測したデータを、本人の十分な同意なしに予測し、38社に有償で提供していた」と報じました。同サイトを運営するリクルートキャリアは、「合否の判定には当該データを活用しないことを企業に確約いただいていた」と、同日中に公式サイトで説明しています。


日経 日経の記事「就活生の「辞退予測」情報、説明なく提供 リクナビ」。現在はリクルートキャリア側の説明を受けて更新されている

リクルート リクルートキャリアの発表

 報じられたデータは、同社のサービス「リクナビDMPフォロー」によるもの。ある採用企業に対し、応募学生がリクナビ上で行った行動ログなどから、応募行動の傾向を分析。データをその企業に「採用選考のプロセスが途絶えてしまう可能性」として提示することで、企業側の適切なフォローと、学生とのコミュニケーションを増やし、相互に納得できるマッチングをうながす主旨でした。

 同サービスについて、日経は「予測データは本人(就活生)に不利な影響も及ぼしかねない」と指摘。学生のデータ活用に関する同意手続きが不十分で、個人情報保護法違反の恐れもあるとの見解を示しています。

 リクルートキャリアは当該データについて、「リクナビの閲覧データをもとに算出されたスコアであり、学生の能力を推し量るものではありません。この点、いかなる時期であっても提供された情報を合否の判定に活用しないことにご同意いただいた企業にのみ、本サービスをご提供してきました」と説明。ただ、関係各所から、「データにかかるプライバシーポリシーの表現が学生に伝わりにくいのではないか」と指摘されたことは認めています。

 こうした背景から、同サービスは7月31日をもって提供を一時休止。期限は学生の個人情報がどのように企業へ提供されるか、表現や説明方法を検討し終えるまでとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」