ニュース
» 2019年08月02日 18時00分 公開

その名もゴリアテ ごりマッチョ感がマシマシになるシボレー製ピックアップトラック6輪化カスタムキット爆誕、米カスタムメーカーが限定販売(1/2 ページ)

旧約聖書の巨人兵「ゴリアテ」にちなんだ6輪化カスタム。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 米カスタムメーカー「ヘネシー・パフォーマンス」が、シボレーのピックアップトラックを6輪化するカスタムキット「ヘネシー・ゴリアテ 6X6 トラック」を発表。24台限定で一般販売すると発表しました。

ゴリアテ シボレー ピックアップトラック 6輪 6x6

 ヘネシー・パフォーマンスは米国テキサス州に拠点を構えるカーカスタムを得意とする企業。ゴリアテは、ピックアップトラックを4輪駆動から6輪駆動へと進化させ、専用カスタムを施すことで通常よりもパワフルな走りをドライバーに提供してくれます。

 エンジンは450馬力を発揮する専用カスタムが施されたものになり、スーパーチャージャーの装着や排気、冷却性能などのアップグレードが施されます。アクセルやブレーキに加えてサスペンションまで独自の駆動システムを構築して、37インチのオフロードタイヤを6本も装着した姿は、その名の由来になっている旧約聖書に登場する巨人兵「ゴリアテ」のような力強さを感じさせますね。

ゴリアテ シボレー ピックアップトラック 6輪 6x6
ゴリアテ シボレー ピックアップトラック 6輪 6x6
ゴリアテ シボレー ピックアップトラック 6輪 6x6

 これまでも多くの自動車メーカーから6輪駆動車が販売されてきましたが、そのメリットは「悪路における走行性能」と「耐荷重性能」の向上にあります。大型のトラックやトレーラーが多輪化されているのはそこにあり、このゴリアテも本来は4輪駆動であるピックアップトラックを6輪化したことで、より悪路に強く、より多くの荷物を運べるクルマへと進化しています。

 YouTubeにはゴリアテの走行シーンをまとめたプロモーション映像が公開されており、砂利道程度の悪路を走る様子が中心なのは残念ですが、どっしりとした車体が駆け抜けていく姿はなんとも言えない迫力があります。

 ゴリアテに対応する車種はシボレー・シルバラードの2019年モデル。価格は車体込みで37万5000ドル(約円)となっており、米国外への販売も可能とのこと。生産数は24台のみとなっており、購入希望者はシボレーのディーラー、もしくはヘネシー・パフォーマンスを通じてオーダーできます。

ゴリアテ シボレー ピックアップトラック 6輪 6x6

春山優花里

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10