ニュース
» 2019年08月02日 18時00分 公開

その名もゴリアテ ごりマッチョ感がマシマシになるシボレー製ピックアップトラック6輪化カスタムキット爆誕、米カスタムメーカーが限定販売(1/2 ページ)

旧約聖書の巨人兵「ゴリアテ」にちなんだ6輪化カスタム。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 米カスタムメーカー「ヘネシー・パフォーマンス」が、シボレーのピックアップトラックを6輪化するカスタムキット「ヘネシー・ゴリアテ 6X6 トラック」を発表。24台限定で一般販売すると発表しました。

ゴリアテ シボレー ピックアップトラック 6輪 6x6

 ヘネシー・パフォーマンスは米国テキサス州に拠点を構えるカーカスタムを得意とする企業。ゴリアテは、ピックアップトラックを4輪駆動から6輪駆動へと進化させ、専用カスタムを施すことで通常よりもパワフルな走りをドライバーに提供してくれます。

 エンジンは450馬力を発揮する専用カスタムが施されたものになり、スーパーチャージャーの装着や排気、冷却性能などのアップグレードが施されます。アクセルやブレーキに加えてサスペンションまで独自の駆動システムを構築して、37インチのオフロードタイヤを6本も装着した姿は、その名の由来になっている旧約聖書に登場する巨人兵「ゴリアテ」のような力強さを感じさせますね。

ゴリアテ シボレー ピックアップトラック 6輪 6x6
ゴリアテ シボレー ピックアップトラック 6輪 6x6
ゴリアテ シボレー ピックアップトラック 6輪 6x6

 これまでも多くの自動車メーカーから6輪駆動車が販売されてきましたが、そのメリットは「悪路における走行性能」と「耐荷重性能」の向上にあります。大型のトラックやトレーラーが多輪化されているのはそこにあり、このゴリアテも本来は4輪駆動であるピックアップトラックを6輪化したことで、より悪路に強く、より多くの荷物を運べるクルマへと進化しています。

 YouTubeにはゴリアテの走行シーンをまとめたプロモーション映像が公開されており、砂利道程度の悪路を走る様子が中心なのは残念ですが、どっしりとした車体が駆け抜けていく姿はなんとも言えない迫力があります。

 ゴリアテに対応する車種はシボレー・シルバラードの2019年モデル。価格は車体込みで37万5000ドル(約円)となっており、米国外への販売も可能とのこと。生産数は24台のみとなっており、購入希望者はシボレーのディーラー、もしくはヘネシー・パフォーマンスを通じてオーダーできます。

ゴリアテ シボレー ピックアップトラック 6輪 6x6

春山優花里

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響