ニュース
» 2019年08月02日 15時50分 公開

バンダイがガンプラ工場を増強、生産能力1.4倍に 背景に「GUNPLA」の海外人気

静岡のアナハイムが生産能力の増強に乗り出す。

[ねとらぼ]

 バンダイナムコグループのBANDAI SPIRITSは8月2日、「ガンダム」シリーズのプラモデル「ガンプラ」など生産する新工場「バンダイホビーセンター新館」を静岡市に建設すると発表しました。2020年秋から稼働し、生産能力を現在の1.4倍に高めます。

フォト 「アナハイムエレクトロニクス」などと呼ばれるガンプラ工場「バンダイホビーセンター」。見学もできる(要申し込み)

 現工場「バンダイホビーセンター」(静岡市葵区長沼)の敷地内に新設し、19年12月に着工。多色成形機6台を増設し、建設後は多色成形機が35台になります。

 BANDAI SPIRTSによると、ガンプラの年間出荷数は06年度に660万個でしたが、18年度には1573万台と、約2.4倍に拡大しています。ガンダムシリーズは20年に40周年を迎え、横浜市の山下ふ頭で「実物大の動くガンダム」が登場する予定のほか、ハリウッドで実写映画が制作される予定(公開時期未定)など、“ガンダム需要”の高まりにガンプラ生産能力の強化で対応します。

 経済産業省によると、プラモデルの出荷額は2016年に約190億円ですが、同年の輸出額は約98億円と、半分以上を輸出が占めています。出荷先として中国、アメリカ、タイの存在感が増しており、プラモデルの出荷拡大の背景として、ガンプラが海外販路の開拓に成功していることを挙げ、「クールジャパンの成功例」としています

フォト プラモデルの出荷動向(経産省のWebサイト
フォト プラモデル輸出量の動向(経産省のWebサイト

 BANDAI SPIRITSも新工場の背景に「中国及び北米を中心とした更なる成長への対応」を挙げています。公式のガンプラコンテスト「ガンプラビルダーズワールドカップ」も、入賞者は東南アジアを中心に国際的。日本人の胸を熱くしてきた「GUNPLA」は、今や世界でも親しまれるホビーになっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン