ニュース
» 2019年08月02日 19時00分 公開

カラオケパセラが熱中症防止のため利用客以外にも“お冷や”を提供 話題の取り組みについて聞いてみた

店舗によっては冷たいおしぼりや塩飴も提供しているそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 カラオケパセラが店頭に「熱中症にご注意ください」と看板を掲げ、店内で利用客かを問わず誰にも冷水を無料で提供していると、Twitterで話題を呼んでいます。これは助かる……。


昭和通り パセラ秋葉原昭和通り館店頭の看板。通りかかった人のために“お冷や”を提供している(公式Twitterより)

 運営元のニュートンを取材したところ、この取り組みは2011年から実施しているとのこと。きっかけは店舗社員の提案で、猛暑で熱中症患者が増えてしまう心苦しい状況をみて、少しでも人の力になればと始めたのだそうです。


図案 パセラの店頭で用いられているポップ(ニュートン提供)

 冷水の提供はカラオケパセラ全18店舗のほか、同社運営の飲食店およびホテル全店舗で実施。店舗によっては、冷たいおしぼりや塩飴も無料で出しているそうです。

 1日あたりの利用者は、多い日で数十人。2019年も、梅雨明けして気温が30度を超えだしたころから利用者数が増えてきたそうです。こうしたサービスを頼ることも含め、暑い日に出歩くときはこまめな水分補給を心がけましょう。


昭和通り (画像提供:るやぴさん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.