ニュース
» 2019年08月02日 22時40分 公開

「野生のエロ本」最近はめっきり少なく…… 大阪で「野生のエロ本捜索隊」イベント開催へ

あのころのドキドキをもういちど。

[エンジン,ねとらぼ]

 路地裏や公園、川沿い、高架下など、昔はいろいろなところで見かけた「野生のエロ本」。しかし最近ではめっきり目撃例も少なくなり、今や絶滅の危機にさらされているともいわれています(本当か?)。

 そんな「野生のエロ本」を探すイベント「野生のエロ本捜索隊」が8月11日、大阪で行われることになりました。主催は株式会社人間で、1日かけて大阪市内でエロ本を捜索するという大掛かりなイベントです。


エロ本捜索隊 絶滅危惧種のエロ本を探せ(公式サイトより)

 チームは3〜5人を1組とし、大阪市内全域を捜索。発見したエロ本は、発行年や表紙ビジュアル、発行部数などを元にレアリティを算出し、点数が付与されます。最終的な結果は、人間編集部のサイトで後日記事化されるとのこと。なお、見つけたエロ本は記録として写真を撮影、収集は禁止となっています。

 参加を希望する場合は、サイトのフォームFacebookから事前に応募しておく必要があります。参加費は無料。持ち物として、スマホやカメラなど写真を撮影できるもの、帽子や水などの熱中症対策グッズ、虫除けなどが必要とのこと。

 80年代には100万部を超える雑誌も登場するなど全盛期を迎えたエロ本でしたが、インターネットの発展により簡単にエロが手に入る時代が到来。さらに2020年の東京オリンピック開催に伴い、大手コンビニエンスストアからもエロ本は排除されることが決まっており、今や野生うんぬん以前に、「日本からエロ本自体が絶滅しようとしている」とも。果たして今、街で「野生のエロ本」は見つけられるのか……。イベントの詳細は公式サイトでご確認を。


エロ本捜索隊 前代未聞の大冒険が幕を開ける

エロ本捜索隊 株式会社人間では他にもさまざまな企画が進行中(公式HPより)

エンジン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた