ニュース
» 2019年08月03日 13時00分 公開

大切なことは猫が教えてくれた 野良猫からの学びをまとめたエッセイ『ボブが教えてくれたこと』

賢くてかわいい猫さんです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 ホームレスだったジェームズが野良猫のボブから学んだことをまとめたエッセイ『ボブが教えてくれたこと』が、7月31日に辰巳出版から発売されました。

ボブが教えてくれたこと 『ボブが教えてくれたこと』 ボブとジェームズ

 著者のジェームズ・ボーエン(※)は元ホームレス。路上演奏で生計を立てていた2007年に野良猫のボブと出会いました。

 ボブと一緒に過ごすことで自分自身を見つめなおしたジェームズ。ホームレス生活からの脱却や薬物中毒の治療など、様々な困難を支え合いながら乗り越えた1人と1匹のストーリーは2017年に映画にもなりました

※デビュー作の『ボブという名のストリート・キャット』、続編の『ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険』は世界30カ国以上で翻訳され、全世界で累計1000万部超の大ベストセラーに。

ボブが教えてくれたこと ボブとジェームズ
ボブが教えてくれたこと 本人(猫)役で映画にも出演しました

 今回のエッセイはボブから学んだ人生哲学をつづったもの。「幸運をわけあう」「助けを求めるのも勇気」「どんな日でも何かしらいいことはある」「ときには不安定な要素があってもいい」「存在を認めてもらう」「どこにいてもくつろぐ」など、たくさんの教訓がつまっています。

ボブが教えてくれたこと 「ときには不安定な要素があってもいい」先が見えない事態に直面するとそれなりにチャレンジ精神が湧くし、何かを学ぶチャンスにもなる。成長の糧ともなる。さらに、楽しみながら挑戦できれば言うことなしだ
ボブが教えてくれたこと 「存在を認めてもらう」ぼくらはみな、自分の存在を認めてもらいたがっている。ひとりひとりが大切な人であり、かならず誰かから必要とされているのだと

 紙面には未公開の写真も多数掲載。ジェームズとボブが過ごしてきたエピソードにも触れています。翻訳は服部京子さん。単行本(ハードカバー)192ページで価格は1728円(税込)です。

ボブが教えてくれたこと 新刊『ボブが教えてくれたこと』。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた