ニュース
» 2019年08月03日 09時00分 公開

熱中症の予防法や対処法がよく分かる! 気象研究者監修の漫画を読んで安全に夏を過ごそう

無理をしないのが一番。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 各地で真夏日(最高気温30度以上)や猛暑日(最高気温35度以上)が記録され(関連記事)、いよいよ夏も本番といった今日このごろ、懸念される熱中症の対策法を紹介する漫画がTwitterで公開されました。安全のためにぜひご一読を。


アイキャッチ 途中で挿入される、環境省の資料をもとにした解説が分かりやすい

 漫画は気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎(@arakencloud)さんが監修する、漫画家の小沢かなさんの作品。気象災害に立ち向かう研究者を描いた小沢さんの漫画『BLUE MOMENT』に登場する雲田彩と晴原柑九朗が、暑さにまいった子どもを助ける外伝的な1編です。


1P

 猛暑日にぐったりした子どもを抱える母親を見て、熱中症を疑う雲田。涼しそうな建物の中へ移動させ、服をゆるめて保冷剤で脇の下や足の付け根を冷やして……と、テキパキと対処法を教えて手伝います。


2P 「小さいお子さんは地面に近い分、体感温度も高い」――ここ重要

 ひと通りの処置が済んだところで、晴原は「熱中症を疑ったときに何をすべきか迷ったときに」と、症状の程度とそれに適した対処法がフローチャート式で分かる環境省の資料を紹介。また、同省の熱中症予防情報サイトや、気象庁の高温注意情報2週間気温予報といった情報も提供しています。


3P

 最後に、「元気な大人でも、本人も気付かないうちに熱中症になることもある」と注意喚起。「服装は涼しく」「日陰でこまめに休憩」「日傘や帽子を使う」「こまめに水分と塩分を補給」など、さまざまな予防法を提示して漫画は締めくくられました。これらを参考に、無理せず夏を乗り切りたいところです。


4P


協力:荒木健太郎(@arakencloud)さん/小沢かなさん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響