ニュース
» 2019年08月03日 13時45分 公開

めっちゃ快適そう! 英航空、個室のようなビジネスクラス「クラブ・スイート」採用した最新旅客機「A350」8月に運行開始 (1/2)

ユニオンジャックと同じ赤と青を使って塗装しています。

[鈴木伊玖馬,ITmedia]

 英国の大手航空会社「ブリティッシュ・エアウェイズ」が、エアバス社の最新旅客機「A350」を近日中に受領すると発表。新たに個室タイプのビジネス席「Club Suite(クラブ・スイート)」を導入します。

A-350 ブリティッシュ・エアウェイズ「A350」(写真:ブリティッシュ・エアウェイズ)

 英国のフラッグ・キャリアに当たる大手航空会社であるブリティッシュ・エアウェイズが受領するエアバス「A350」は、2014年から引き渡しが始まった中型の双発旅客機。世界各国で導入が進められており、日本でも2019年9月からJALが羽田-福岡線で運行を開始する予定になっています。

 ブリティッシュ・エアウェイズが受領するA350は、英国旗「ユニオンジャック」をモチーフにしたデザインが施され、赤と青を使って塗装されています。

 また、客室には新たに「Club Suite」というビジネスクラスに相当する新シートを導入。配置は1-2-1(中央2列、窓側1列ずつ)になり、全席の通路側にドアを用意した個室タイプの特別シートとなっています。全席が前方に向かって配置されているのも特徴で、トイレなどで席を立つ時に誰かと目があったりして「あっ……」となることもなさそうですね。

 ベッドとして利用できるリクライニングシートが設置され、18.5インチのディスプレイのほか、電源やWi-Fiも完備。鏡つきドアを開ければ、そこにはたっぷりの収納スペースが用意されています。各席にはパナソニック製エンターテインメントシステム「X3」が搭載されており、映画などのコンテンツを楽しみながら、空の旅をゆったりと快適にすごせる環境に整えられています。

A350 新クラス「club suite」の座席。照明なども付いています
A350 18.5インチのディスプレイで映画などが楽しめます

 ブリティッシュ・エアウェイズのA350は、8月からロンドン-マドリード線に導入される予定で、料金は未発表。参考として現在の同路線ビジネスクラスは約7万円から約10万円から利用できます。ブリティッシュ・エアウェイズは2019年中に全4機のA-350を受領計画を発表しており、今後はドバイ便などにも就航予定です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.