ニュース
» 2019年08月03日 13時45分 公開

めっちゃ快適そう! 英航空、個室のようなビジネスクラス「クラブ・スイート」採用した最新旅客機「A350」8月に運行開始 (1/2)

ユニオンジャックと同じ赤と青を使って塗装しています。

[鈴木伊玖馬,ITmedia]

 英国の大手航空会社「ブリティッシュ・エアウェイズ」が、エアバス社の最新旅客機「A350」を近日中に受領すると発表。新たに個室タイプのビジネス席「Club Suite(クラブ・スイート)」を導入します。

A-350 ブリティッシュ・エアウェイズ「A350」(写真:ブリティッシュ・エアウェイズ)

 英国のフラッグ・キャリアに当たる大手航空会社であるブリティッシュ・エアウェイズが受領するエアバス「A350」は、2014年から引き渡しが始まった中型の双発旅客機。世界各国で導入が進められており、日本でも2019年9月からJALが羽田-福岡線で運行を開始する予定になっています。

 ブリティッシュ・エアウェイズが受領するA350は、英国旗「ユニオンジャック」をモチーフにしたデザインが施され、赤と青を使って塗装されています。

 また、客室には新たに「Club Suite」というビジネスクラスに相当する新シートを導入。配置は1-2-1(中央2列、窓側1列ずつ)になり、全席の通路側にドアを用意した個室タイプの特別シートとなっています。全席が前方に向かって配置されているのも特徴で、トイレなどで席を立つ時に誰かと目があったりして「あっ……」となることもなさそうですね。

 ベッドとして利用できるリクライニングシートが設置され、18.5インチのディスプレイのほか、電源やWi-Fiも完備。鏡つきドアを開ければ、そこにはたっぷりの収納スペースが用意されています。各席にはパナソニック製エンターテインメントシステム「X3」が搭載されており、映画などのコンテンツを楽しみながら、空の旅をゆったりと快適にすごせる環境に整えられています。

A350 新クラス「club suite」の座席。照明なども付いています
A350 18.5インチのディスプレイで映画などが楽しめます

 ブリティッシュ・エアウェイズのA350は、8月からロンドン-マドリード線に導入される予定で、料金は未発表。参考として現在の同路線ビジネスクラスは約7万円から約10万円から利用できます。ブリティッシュ・エアウェイズは2019年中に全4機のA-350を受領計画を発表しており、今後はドバイ便などにも就航予定です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた