ニュース
» 2019年08月03日 16時11分 公開

米ギブソンが重機でギターを破壊する動画が物議 「修復できないものだった」とギブソン

寄贈もできないため破壊したとしています。

[ねとらぼ]

 米ギブソンが重機でギターを破壊する動画が物議を醸しました。ギブソンはメディアに対し、「破損しており修復できないものだった」とコメントしています。

物議を醸した動画(現在は削除)

 問題の動画は、元ギブソン社員と名乗る人物が投稿したもので、現在は削除されています。地面に並べられた多数の「Gibson Firebird X」を、重機で踏み潰していく映像に、批判の声が寄せられていました。

並べられたFirebird X

 ギブソンはメディアに、破壊されたギターは2009年から2011年に製造されたもので、「危険な部品で傷んでおり、修復できない」ものだったとコメント。寄贈もできないため破壊したとしています。

 動画の投稿者はYouTubeチャンネルGuitologistに、ハイテク機能を搭載したFirebird Xは部品が多く、木も使えない状態だったため、改修もできなかったと語っています。投資家が会計年度末までに処分しようとしていたとも話しています。

 問題の動画の削除について、Guitologistが投稿者に聞いたところ、元勤務先への悪評に寄与したくないため自ら削除したとのことでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.