ニュース
» 2019年08月04日 16時44分 公開

「フェルト手芸の限界を超えた」「迫力が伝わります」 羊毛フェルトで作った青森のねぶたがTwitter民の度肝抜く

どうしてこうなった(ほめ言葉)。

[Kikka,ねとらぼ]

 羊毛フェルトで制作された「青森のねぶた」が想像を超えるクオリティーで話題を呼んでいます。制作初日の作業進捗からは考えられないメガクオリティー。

 多くの“いいね”を集めているのは、紙製ロボット「カミロボ」の制作者として知られる安居 智博(@kami_robo_yasui)さんが、投稿した「羊毛フェルトで青森のねぶたを作りました」というツイート。柔らかい羊毛フェルトを針で突き刺して形を作っていく手法を使い、雄々しい武者の姿や手にしたオノに宿る鬼などを繊細に表現しています。


ねぶた 青森 羊毛フェルト

ねぶた 青森 羊毛フェルト

 造形はもちろんのこと特に高い評価を受けているのがその色使い。オレンジや赤、紫といった一見ポップになりがちな色味をうまく組み合わせつつ、黒を目立たせることでねぶたの雰囲気を見事に表しています。


ねぶた 青森 羊毛フェルト

 これにはTwitterでも「なんというクオリティ! 圧巻です!」「これまた複雑な色合いなのに精巧に出来てますね!もはやフェルト手芸の限界を超えたのでは」「要所要所のクロがホント好きですわ!」「迫力が伝わります」といったコメントが寄せられているほか、安居さんが完成写真3枚とともに投稿した制作初日の作業風景の様子について「4枚目からの進展が全く読めないw」「4枚目の制作初日でこの仕上がり!」と完成作品とのギャップに驚く声も聞かれました。


ねぶた 青森 羊毛フェルト

画像提供:安居 智博(@kami_robo_yasui)さん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン