ニュース
» 2019年08月04日 16時44分 公開

「フェルト手芸の限界を超えた」「迫力が伝わります」 羊毛フェルトで作った青森のねぶたがTwitter民の度肝抜く

どうしてこうなった(ほめ言葉)。

[Kikka,ねとらぼ]

 羊毛フェルトで制作された「青森のねぶた」が想像を超えるクオリティーで話題を呼んでいます。制作初日の作業進捗からは考えられないメガクオリティー。

 多くの“いいね”を集めているのは、紙製ロボット「カミロボ」の制作者として知られる安居 智博(@kami_robo_yasui)さんが、投稿した「羊毛フェルトで青森のねぶたを作りました」というツイート。柔らかい羊毛フェルトを針で突き刺して形を作っていく手法を使い、雄々しい武者の姿や手にしたオノに宿る鬼などを繊細に表現しています。


ねぶた 青森 羊毛フェルト

ねぶた 青森 羊毛フェルト

 造形はもちろんのこと特に高い評価を受けているのがその色使い。オレンジや赤、紫といった一見ポップになりがちな色味をうまく組み合わせつつ、黒を目立たせることでねぶたの雰囲気を見事に表しています。


ねぶた 青森 羊毛フェルト

 これにはTwitterでも「なんというクオリティ! 圧巻です!」「これまた複雑な色合いなのに精巧に出来てますね!もはやフェルト手芸の限界を超えたのでは」「要所要所のクロがホント好きですわ!」「迫力が伝わります」といったコメントが寄せられているほか、安居さんが完成写真3枚とともに投稿した制作初日の作業風景の様子について「4枚目からの進展が全く読めないw」「4枚目の制作初日でこの仕上がり!」と完成作品とのギャップに驚く声も聞かれました。


ねぶた 青森 羊毛フェルト

画像提供:安居 智博(@kami_robo_yasui)さん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/26/news023.jpg ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  2. /nl/articles/2010/25/news016.jpg これが書店員の本気……! “架空の建物の設定本”が気に入りすぎて超精巧な立体POPにしちゃった店員さんがすごい
  3. /nl/articles/2010/25/news010.jpg 畑に里芋を取りに行った夫が「小さな子猫2匹を抱きかかえて帰ってきた」 天使のような“里芋ちゃんズ”がかわいいと人気
  4. /nl/articles/2010/25/news031.jpg 「丼丼パン…丼丼パン……」 あの世界的名曲を表現した作品が「久しぶりにTwitterで笑った」と話題に
  5. /nl/articles/1607/27/news073.jpg 嫁がポケモン捕まえに行ってリアルポケモン(捨て猫)ゲットしてきた 生後1カ月のニャースにメロメロ
  6. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  8. /nl/articles/2010/25/news006.jpg 「ぶっwお客さまwww」 “眼鏡屋でめちゃくちゃ笑われた話”の漫画があまりにもふびん
  9. /nl/articles/2010/25/news015.jpg これはつらい…… いじめっ子が夢の中では仲良くしてくれる漫画に「いい話だけどつれぇ」「ラスト震えた」の声
  10. /nl/articles/2010/26/news004.jpg 眼力鋭いクラスの女子、すごく怖いけど実は…… 不器用な恋を応援したくなる漫画『クラスメイトの田中さんはすごく怖い』