ニュース
» 2019年08月05日 18時11分 公開

ヤフー株価が大幅安 第1四半期決算は減益に

アスクルとの対立は社長退任でいったん決着。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 2019年8月5日の株式市場で、ヤフー(東証1部)が大幅安。前営業日比40円康(-12.5%)の280円で取引を終えました。

フォト ヤフーの2020年3月期第1四半期業績(決算説明資料
フォト 引き続きPayPayの普及に注力(決算説明資料

 前営業日の8月2日に発表した2020年3月期第1四半期(19年4〜6月)の連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期から24.0%減の361億円にとどまりました。

 前年同期にIDCフロンティアの売却益があった反動減もありますが、減価償却費・償却費、販促費、人件費が増加。増収は確保したものの、減益に。PayPayへの積極投資で損失を計上したこともあり、純利益も16.2%減の273億円にとどまっています。

 事業別では、コマース事業は増収増益だったものの、広告関連サービスを含むメディア事業は、スマホアプリのプロモーション費用が増加したことなどから売上高は横ばい、営業利益は減少しました。

 5日は取引開始から大幅に下げる展開に。一時は273円まで下げ、1月4日に付けた年初来安値(264円)に接近。地合の悪さもあって終日安値で推移しました。

フォト ヤフーの株価推移(Yahoo!ファイナンス

 ヤフーと子会社アスクルが対立していた問題は、ヤフーの議決権行使でアスクルの岩田彰一郎氏が社長を退任し、一応決着しました。ヤフーの親会社、ソフトバンクグループの孫正義社長はこれに対し、「ヤフーの手段に反対」するが、「ヤフーの独立性を尊重し、ヤフー執行部の判断に任せている」というコメントを発表しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」