ニュース
» 2019年08月05日 18時11分 公開

ヤフー株価が大幅安 第1四半期決算は減益に

アスクルとの対立は社長退任でいったん決着。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 2019年8月5日の株式市場で、ヤフー(東証1部)が大幅安。前営業日比40円康(-12.5%)の280円で取引を終えました。

フォト ヤフーの2020年3月期第1四半期業績(決算説明資料
フォト 引き続きPayPayの普及に注力(決算説明資料

 前営業日の8月2日に発表した2020年3月期第1四半期(19年4〜6月)の連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期から24.0%減の361億円にとどまりました。

 前年同期にIDCフロンティアの売却益があった反動減もありますが、減価償却費・償却費、販促費、人件費が増加。増収は確保したものの、減益に。PayPayへの積極投資で損失を計上したこともあり、純利益も16.2%減の273億円にとどまっています。

 事業別では、コマース事業は増収増益だったものの、広告関連サービスを含むメディア事業は、スマホアプリのプロモーション費用が増加したことなどから売上高は横ばい、営業利益は減少しました。

 5日は取引開始から大幅に下げる展開に。一時は273円まで下げ、1月4日に付けた年初来安値(264円)に接近。地合の悪さもあって終日安値で推移しました。

フォト ヤフーの株価推移(Yahoo!ファイナンス

 ヤフーと子会社アスクルが対立していた問題は、ヤフーの議決権行使でアスクルの岩田彰一郎氏が社長を退任し、一応決着しました。ヤフーの親会社、ソフトバンクグループの孫正義社長はこれに対し、「ヤフーの手段に反対」するが、「ヤフーの独立性を尊重し、ヤフー執行部の判断に任せている」というコメントを発表しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響