ニュース
» 2019年08月06日 17時30分 公開

モーショングラフィックスで作った「近未来の車内案内」が機能性とサイバー感のいいとこ取り

脱・デザインの敗北。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 フリーランスの映像クリエイター・ghoul(@ghoul_shana)さんがモーショングラフィックスで作成した「近未来の車内案内」が注目を集めています。


モーショングラフィックス 地下鉄の車窓に表示されるダイナミック車窓案内


 現状、地下鉄のドア上部に設置されている車内表示ですが、離れた位置からは確認が難しく、欲しい情報が常に表示されているわけでもありません。そこで作者が映像化したのは、車窓をモニターとして活用するダイナミックなアイデアでした。

 文字やイラストを大きく表示でき、車内のどこにいても目に入ります。地下鉄の窓はほとんど眺めることのないデッドスペースですから、外が見えなくなったとして支障も少ないでしょう。

 表示される内容にも作者のセンスが光ります。ごちゃごちゃと情報を詰め込んだり、無駄な動きで魅せたりするのではなく、乗客が本当に知りたい「次の駅名」と「乗換案内」だけを表示。オシャレさを求めるあまり機能性を損なってしまう「デザインの敗北」への配慮が伺えます。


モーショングラフィックス シンプル・イズ・ベスト

 映像を手掛けたghoul(@ghoul_shana)さんは、取材に対し「ただかっこいいだけじゃないモーショングラフィックスのあり方を考えながら作りました」と語ります。その言葉の裏には、映像クリエイター界隈のトレンドがありました。

 「ここ1〜2週間、映像クリエイターの間で駅名標をモーショングラフィックスで動かす遊びが流行っています。それはそれでかっこよくて最高なのですが、日常生活で考えたら普通に見づらいかもな、と思いまして」とghoulさん。

「モーショングラフィックス界隈は、若くして技術やセンスがずば抜けている人も珍しくありません。かっこいい映像からもう一歩進んで、社会的な課題と組み合わせた見せ方・動かし方まで考えられたらその能力をより活かせて良いのになあ……という思いからサンプルとして今回の映像を発信しました」(ghoulさん)



 作者としては同業者に向けて投稿したツイートでしたが、想像を超えて拡散され「私は聴覚障害者なので、特にこういう視覚的情報が欲しいです」「将来は、やっぱこの方向だよね」と幅広い層から実現を望むリプライが寄せられています。なお、すでに中国や韓国では地下鉄の窓に広告が投影されており、技術的にはいつ実現してもおかしくないようです。

画像提供:ghoul(@ghoul_shana)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響