ニュース
» 2019年08月07日 09時00分 公開

Amazonの箱かと思ったらケーキだった! 買い物好き奥さんへの誕生日ケーキが風変わりすぎる

バースデープレゼントは段ボール箱?

[関口雄太,ねとらぼ]

 Amazonで買い物しすぎな奥さんの誕生日に、旦那さんがプレゼントしたケーキがAmazon段ボール箱を再現しすぎていて注目を集めています。プロのケーキ屋さんが作ったリアルすぎるケーキに、Amazon公式Instagramアカウントも反応しました。



 ちょっと変わった誕生日ケーキを受け取ったのは、フォトグラファーのエミリー・マグワイアさん。自身で撮影した写真を「こんなケーキを旦那からもらえば、自分がAmazonでちょっと買い物しすぎだったって気づかせてもらえるわ」というコメントと一緒にFacebookへ投稿。パッと見ただけだと、「HAPPY BIRTHDAY!」と書かれたAmazonの段ボール箱のようですが、切り分けられた写真を見ると、それはおいしそうなケーキだったのです。


Amazonからの宅配便? 買い物しすぎな奥さんへの誕生日ケーキがリアルすぎる Amazon段ボール箱かな?

中身はクッション材じゃなくてケーキのスポンジだ

 送り状の部分には「エミリー・マグワイア、1234誕生日レーン、ハッピーバースデー・トゥー・ユー」と記載があります。細かい演出にケーキ作りを手掛けたSweet Dreams Bakery of Dunnの職人技を感じずにはいられません。また、このケーキに感動したAmazonの公式Instagramアカウントは、ケーキの画像とともに「私たちは利用者の方からたくさんのご意見を喜んで受け取っていますが、こちらはケーキですね。エミリーさん、誕生日おめでとう! Amazonデバイスをお贈りします」とお祝いの言葉を投稿しました。


宛先に「誕生日おめでとう」と、おしゃれな演出

 海外の記事で、エミリーさんはこのケーキを目にした感想を「最初は段ボール箱だと思いました。そうじゃないと分かったとき、大笑いしましたよ。旦那がうまいこと驚かせてくれたと感じました」と語りました。幸せでおいしそうなケーキの投稿を見た人たちからは、同じケーキを頼みたいという声などが多数寄せられています。ちなみに、このケーキの価格は約50ドル(約5300円)とのことでした。


Photo credit:Emily McGuire Photography


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた