ニュース
» 2019年08月08日 19時30分 公開

「遅刻遅刻!」食パンくわえて走る大学院生 パッと見ベタな少女漫画風“言語学ラブコメ”がシュール

世界の広さを感じさせる1本。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 言語学専攻の大学院生たちが、典型的な少女漫画のパターンで出会うアカデミックなラブコメ漫画、「アカデメイアロマンティカ」がTwitterで異彩を放っています。ちりばめられたギャグが高度すぎて門外漢にはよく分からないけれど、勢いだけで笑えると評判です。


アイキャッチ 自己紹介のモノローグだけで、もう“圧”がすごい

1P 「私の博士論文、ど〜なっちゃうの!?」……扉絵だけでこの破壊力

 ヒロインの恒真入(こうしんらむだ)は、竹輪大学大学院の人文社会科学研究科で言語学を専攻する博士課程1年次生。17時からのゼミに遅刻しそうになり、トーストをくわえて大学へ急ぎます。……うん、今のところ時刻と肩書きの長さ以外は、普通の少女漫画っぽいような気がする。


2P 「入」を「λ」に見立てて「らむだ」と読ませるセンス(λは、彼女が専門とする形式意味論で用いられる)

3P

4P 幼なじみや教授も名前のクセが強い

 結局遅刻して怒られながら、入は講義を終えて他のゼミ生と雑談。編入生が来ると聞いて、「イケメンのバントゥー諸語研究者だったりして!」と冗談を飛ばしていたところ、本当にバントゥー諸語音声学専門のイケメン、硬口蓋摩擦(こうこうがいまさつ)がやってきてしまいました。彼をひと目見て「twnk(トゥンク)」とときめき、入は「形式意味論が専門です!」と自己紹介。物語を構成する要素がだいぶ高度になってまいりました。

※バントゥー諸語:アフリカの広範囲で話される言語群/形式意味論:言語表現の意味を数学的に解釈し形式的に表そうとする、言語学の分野

5P

6P 「twnk」をはじめ、多くの擬音は国際音声記号(あらゆる言語の音声を文字で表記するために定められた音声記号)で表記されています。芸が細かい

7P

 ほんのりと2人にいいムードが生まれたのもつかの間、ボーイミーツガールの定番「最悪な第一印象」を形成する出来事が。入が「毛抜きが」と言ったとき、摩擦がその平板型のアクセントを「新潟の方言」「イナカモン」とからかったのです。お〜い、元来はそうなんだろうけど、平板型でしゃべっただけでその言い草は乱暴すぎるぞ!

※三省堂の『明解日本語アクセント辞典』は「毛抜き」の発音について、作中にある尾高型と平板型のどちらもよしとしています

8P

9P

 ひどい言われように「硬口蓋くんと仲良くなれる気がしないよ……」と嘆く入に、追い打ちをかけるような悲劇が。彼女が落とした研究ノートを、摩擦がそうとは知らずに読み、「こんな頭でっかちなポエムが研究になるんだから理論研究は……」と切り捨ててしまったのです。


10P

11P

12P

13P 入が「イグアナ」を主語にさまざまなパターンで書いた例文。確かにポエムにも見えるけれど、笑い飛ばすのはひどい

14P

 傷つけられた入は、「理論研究と実証研究って……やっぱり……分かり合えないの……?」と悲しむことに。ところが担当教授に呼び出され、よりによって摩擦と共同研究をするよう言いつけられてしまうのでした。2人の専門分野が違いすぎて、素人目には無理がありそうなこの共同研究、そして恋模様はいったいどこに行き着くのか……?


15P

16P 「なにも泣くことないだろ……」じゃねえぞ普通泣くよ反省しろ

17P

18P

19P

 漫画は「専門的すぎて意味が理解できないのに読み続けてしまうワナのような漫画」「セリフの圧がすごい」「話のレベルが高いんだか低いんだかわからない」「昔学んだワードがたくさんで懐かしい」などと、知識の有無にかかわらず幅広い読者から好評を博しました。

 そんな同作は、サークル「竹輪大学(@chikuwa_univ)」が「大学紀要」として作っている同人誌「竹輪言語学研究」に連載中。コミックマーケット96で頒布予定の新刊に、最新話が掲載されるそうです。ちなみに、「大学紀要」ゆえ出展場所はいわゆる「評論島」とのこと。なんて懐が深い世界なんだ……。


作品提供:竹輪大学(@chikuwa_univ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」