ニュース
» 2019年08月08日 17時36分 公開

総務省、海賊版サイトへのアクセス抑止に関する報告書を公表 「アクセス警告方式」は困難

端末側のセキュリティソフトやフィルタリングサービスでの対策を進める方針。

[ねとらぼ]

 総務省は、海賊版サイトへのアクセス抑止方策に関する検討会の報告書を公表しました。今後はアクセス警告方式ではなく、セキュリティソフトやフィルタリングサービスなどによる端末側の対策強化を求めていくとしています。


海賊版

 報告書によると海賊版サイトにアクセスする際に警告画面を表示させる「アクセス警告方式」は通信の秘密の侵害にあたる他、ISP側がユーザーの同意を得るのが困難であることや、継続的に技術面で対応し続けることが難しいと説明。一方、端末側のセキュリティソフトやフィルタリングサービスでの対策は即時性が高く、通信の秘密に関する法的問題を生じさせずに実施できることから、端末側対策の普及を図って行くことが望ましいとしています。


海賊版

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.