吃音でうまく話せない少年が演劇部に 自分を変えられる希望を見つけた漫画に「泣いた」「勇気をもらえた」(1/2 ページ)

一歩踏み出すことで、変われる舞台を見つけた物語。

» 2019年08月09日 19時30分 公開
[ねとらぼ]

 吃音で上手くしゃべれない男の子が、演劇部に入って変われる可能性を見出す漫画「幕開けのセリフは」が、「勇気をもらえた」と好評を博しています。作者は漫画家の有吉史織(@ari444ori)さん。

 主人公の明仁は、吃音でうまくしゃべることができません。小さいころから何度も「自分を変えたい」と思っては壁にぶち当たっていました。中学に入って最初の自己紹介でも、練習したのに言葉が出てきません。ザワザワするクラスメイトを、後ろの席の橘さんが「真面目に聞いてください」と一言で黙らせます。

自己紹介でうまく言葉が出てこず……

 橘さんと仲良くなりたいと思った明仁。同じ部活に入ろうと考えますが、彼女が入りたいのは演劇部。人前で演技するなんて無理……と諦めかけますが、「このまま一生いろんなことをやれずに生きていくのかな」との思い、そして「裏方も歓迎」という募集を見て演劇部に。

 早速一年生を中心に「シンデレラ」の演劇をすることになりますが、明仁は吃音が気になって役に立候補する勇気がありません。でも、みんなが帰ったあとで一人台本を読んでいると、すらすらとセリフが出てきます。それを見ていた橘さんは上手だったとほめてくれます。

役になりきればうまく話せる!?

 そして本番当日、王子役が風邪で早退するハプニングが起き、橘さんは明仁を代役に推薦。「役になりきれば上手にしゃべれる」と橘さんは背中を押してくれます。戸惑いながら初めて立った舞台。はじめはうまくセリフが出なかった彼ですが、橘さんが役になりきることを思い出させてくれて、初舞台は成功に終わりました。なぜ自分を代役に推薦したのか、という明仁の問いに「上手だった」し「楽しそうだった」からと答えた橘さん。「また舞台に立ってみたい?」という彼女の問いかけに、明人は立ちたいと答えるのでした。

 勇気を持って一歩踏み出したことで変われる舞台を見つけた――前向きな気持ちにさせてくれるストーリーが胸にジーンとしみます。背中を押してくれる橘さんの真っ直ぐなキャラクターもぐっと来ますね。

 読者からは「泣いてしまった」「心にくる」「勇気をもらえた」と感動の声が寄せられ、また吃音症の人からも「共感できる」「すごいわかる」との声が。

 同作は以前に「サンデーうぇぶり」に掲載された読み切り作品。有吉さんがこの作品を描いたきっかけは、スマホゲーム「ひとりぼっち惑星」(他のユーザーからランダムでメッセージが届く)で、吃音症の人から「吃音を理解してほしい」というメッセージを受け取ったこと。

 有吉さんにうかがったところ、この作品を描くに当たって、吃音を題材にした作品を見たり、インターネットで吃音の人が実際に体験したエピソードなどを調べて参考にしたとのこと。「吃音症に限らず緊張等の理由から人前で上手くしゃべれなかった経験はをしたことがある人は世の中にたくさんいらっしゃると思うし、私自身にもそういった経験があるので、調べた知識と自分自身のリアルな経験を織り交ぜることで主人公の心情が嘘っぽくならないように気を付けました」(有吉さん)

 有吉さんはWebで読める過去の作品をまとめたモーメントも公開しており、新人賞の受賞作や読み切り作品見られます。

「幕開けのセリフは」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  7. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
  10. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評