レビュー
» 2019年08月09日 10時30分 公開

電車が結婚して子どもが生まれた!? 南海電鉄「めでたいでんしゃ」のキュンキュン恋物語 (3/7)

[鶴原早恵子,ねとらぼ]

めでたいでんしゃ推しの街、加太を散策してみる

 加太駅に到着しました。加太駅では、あちこちにめでたいでんしゃののぼりやポスターが掲示されています。

加太さかな線めでたいでんしゃ めでたいでんしゃづくしの駅

 ここでのお目当ては、毎週金曜日に販売される「めでたいでんしゃのパン」。パンは午前中に入荷して、売り切れ次第販売終了しちゃいます。そう、これを買うために私は金曜日に早起きしてやってきたんです!

加太さかな線めでたいでんしゃ 売り切れ次第終了なので、目当ての人はお早めに

 駅員さんに声をかけたら、駅員室の中からパンを出してくれました。どれにしようかと悩みつつ、結局「さち」「かい」「なな」の3つをゲット。

 味はそれぞれ、さちはストロベリー、かいはメロン、ななはトマト。消費期限は4日後です。早めに食べないといけませんね。

 では、加太の町を少し散策することにしましょう。「さち」のデザインモチーフの1つになった、淡嶋神社を目指します。

加太さかな線めでたいでんしゃ 加太の駅にはめでたいでんしゃののぼりがたくさん

 加太を歩いていると、ところどころに「めでたいでんしゃののぼり」があります。

加太さかな線めでたいでんしゃ 役所の前にものぼり
加太さかな線めでたいでんしゃ お店の前にものぼり
加太さかな線めでたいでんしゃ 住宅地にものぼり
加太さかな線めでたいでんしゃ のぼりの向こうに、淡嶋神社の鳥居が見えてきました

 淡嶋神社は女性の健康・安産に御利益があるといわれています。人形供養や雛流し神事でも有名です。よーく見ると、本殿の中にも廊下にも雛人形や日本人形がいっぱい並んでいました。

加太さかな線めでたいでんしゃ 人形のアップはちょっと怖くて撮れませんでした

 淡嶋神社の鳥居前の食堂で「めでたいでんしゃに乗りに来たんです」と言うと、おばさんが「ああ! あれかわいいでしょ!」と自分のことのようにうれしそうに笑ってくれました。加太の人たちにも愛されているんですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.