ニュース
» 2019年08月09日 09時00分 公開

ミニチュアのテーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」2020年春にオープン 「エヴァ」「セーラームーン」の世界がジオラマ化

自分のフィギュアを街に住まわせる「住民権付きフィギュア・プログラム」など用意。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

  2020年春、東京・有明に世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO(スモールワールズ TOKYO)」がオープンします。園内は7つのエリアに区切られており、「新世紀エヴァンゲリオン」や「美少女戦士セーラームーン」の世界を再現したエリアも設けられます。


SMALL WORLDS TOKYO

SMALL WORLDS TOKYO

 スモールワールズ TOKYO は総面積8000平米の屋内型テーマパーク。「関西国際空港エリア」「スペースセンターエリア」「世界の街エリア」「美少女戦士セーラームーンエリア」「エヴァンゲリオン 第3新東京市エリア」「エヴァンゲリオン 格納庫エリア」「東京エリア(仮 詳細未定)」の7エリアを楽しめます。

 「美少女戦士セーラームーン」エリアは、90年代の懐かしい麻布十番をベースにした街並みと、本作品の未来の世界である「クリスタル・トーキョー」を再現。「エヴァンゲリオン」の2エリアは、1/80のスケールで作られた「第3新東京市」とネルフ本部の「格納庫」です。


SMALL WORLDS TOKYO

SMALL WORLDS TOKYO

SMALL WORLDS TOKYO

SMALL WORLDS TOKYO

 精巧に作られたジオラマは、最新テクノロジーによって「動き」が与えられています。人々の生きた暮らしを再現し、来場者が夢中で見入ってしまう魅力的な空間に仕上がっているとのこと。オフィシャルアドバイザーには「マクロス」シリーズなどで監督を務めた河森正治さんが就任しています。

 展示を眺める以外にも、自分自身のフィギュアを作成し各エリアの住民として参加できる「住民権付きフィギュア・プログラム」のような体験型コンテンツも用意されます。第一弾は「エヴァンゲリオン」のエリアで、価格は入場料金込みで1万9800円を予定。2019年8月9日に予約が始まります。


SMALL WORLDS TOKYO

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む