ニュース
» 2019年08月11日 11時30分 公開

ダイソン、コードレス掃除機用バッテリーパックの火災事故全てが純正品ではないものだったと注意喚起

純正品を使いましょう。

[ねとらぼ]

 ダイソンが純正品ではないコードレス掃除機用バッテリーパックを製品に取り付け充電した際にバッテリーパックから発火し、火災となる事故が多発していると注意喚起している。

火災事故 火災事故の発生が確認された純正品でないバッテリーパックの例(経産省より

 過去報告があったバッテリーパックを原因とする火災事故をNITE(製品評価技術基盤機構)および関係する消防署と協力し調査を行った結果、全ての事故において、火災の原因が純正品ではないバッテリーパックであったことを確認したという。こうした純正品ではないバッテリーパックは主にネットモールで出品販売されている。

 経済産業省は、事故の発生が確認された純正品ではないバッテリーパックの販売自粛の要請ならびに当該バッテリーパック購入者に対する使用中止の呼び掛けを実施している。

 ダイソンもコードレス掃除機のバッテリーを交換する際は、ダイソンの純正バッテリーパックを利用するよう促すとともに、純正品ではないバッテリーパックの使用に起因する故障や事故については責任を負いかねるとしている。

火災事故 ダイソンの純正バッテリーパック例(画像はV6、DC74、DC62、DC61バッテリー)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.