「何言ってるか分からないけど面白い」が最強の記事 ねとらぼ編集部員に聞く「お前の原体験はなんだ」〜杉本吏編〜ねとらぼの中の人インタビュー(1/4 ページ)

生粋のネット文章中毒者。

» 2019年08月17日 11時00分 公開
[イッコウねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ねとらぼの中の人にさまざまな話を聞いていく“誰得かつ実験的な連載”「ねとらぼ編集部員に聞く『お前の原体験はなんだ』」、第2回はねとらぼのサブチャンネルである「ねとらぼアンサー」の編集長・杉本吏にインタビュー。中途採用で編集部入りしたスタッフが大多数を占めるねとらぼですが、杉本さんは貴重な新卒入社組でもあります。

 杉本さんは中学生のころにインターネットに出会い、メディアの記事だけでなく個人の日記なども「仕事と言い張って毎日読みあさっている」というほど筋金入りのネット文章中毒者。そんな杉本さんに、ネットメディアに就職することを決めた背景や、“面白い記事とは何か”など、さまざまな話を聞いてみました。

杉本吏(すぎもとつかさ)

中の人

1つの記事にめちゃくちゃ手間を掛けすぎることに定評がある「ねとらぼアンサー」の編集長。ねとらぼでは貴重なスタンダードな経歴の持ち主で、アイティメディアに新卒で入社した人。木曜日にインタビューしたのに「いやー今週初めて会社に来たわ」とか言っちゃうほどリモートワークを推進している。




就職面接は「最初はカマしたほうがいいし、最後はカマさないほうがいい」

――杉本さんは、新卒でアイティメディアに入社したというねとらぼでは珍しいタイプですよね。なぜアイティメディアに入ったんですか?

杉本:もともとはモラトリアム期間をなるべく伸ばしたくて、大学院行こうかなーと思ってたんだ。大学ではけっこう成績が良かったから、教授に「進学したいなら筆記試験なしの面接だけで入れるよ」と言われて。「これだー」って。みんな「社会人は大変だぞ!」とかめちゃくちゃ脅してくるから

――典型的な“学生に対するマウンティング”ですね。

杉本:でも、がっつり研究者の道に進むような覚悟もなかったから、並行して就活も受けてたのね。悪い言い方すると、大学院っていう滑り止めがあるから、自分が働けそうなところだけ受けようと。それで昔からインターネットと文章が好きだったから、ネット+文章=ネットメディアじゃん、っていう。簡単な足し算で決めた感じ。

――杉本さんが就職活動していた時期ということは、2007年ごろですね。

杉本:そう。当時ってネットメディア自体はもちろんあったんだけど、新卒を募集するような「会社」という組織になってるとこはあんまりなくて。アイティメディアとか、インプレスとか、日経BPくらい。その中で、最初に決まったアイティメディアがそんなに嫌な感じがしなかったから、そのまま入った。


中の人 「当時は働くことを恐れすぎてた。みんなすごい脅してくるから」

――じゃあ就職活動はスムーズに終わったんですね。

杉本:そう。当時のウチの採用は5次面接ぐらいあったんだけど、2次面接くらいの段階で「あ、もうこれ受かるわ」と思ってさ

――へぇ。それはなぜ?

杉本:自分が「これでいこう」と考えてきた作戦が、完全にハマってるような感覚があったから。みんなそうだろうけど、就職の面接で素の自分を出すことはないじゃん?

――まぁ、ほとんどの人がそうでしょうね。

杉本:例えば、1次面接ではすごい人数がいる中から2次に上げる人を選ぶから……例えば1000人いる中から100人上げるんだとすると、落とす人じゃなくて上げる人を選んでるはずなんですよ。これが最終面接とかになると、例えば15人の中からマジでヤバイやつだけを除いて15人以下にするはず。最終面接って社長とかがやるので、もし変なやつが居たら人事が社長に怒られちゃうから、最後の方は「落とすやつ」を選んでるはずなんですよ

 ということはもちろん戦略は変わる。最初はカマしたほうがいいし、最後はカマさないほうがいいってことになるんです。

――めっちゃ計算高いな。


中の人 計算高そうなポーズ

「全ての本は面白いに決まってる」と思ってた

――昔はどんな子どもでした?

杉本:やっぱり本はけっこう読んでたと思う。3歳くらいから1人で好きに読んでて、保育園の先生が悲しそうに「吏くんは、みんなでお掃除する時間に1人で本を読んでいます。お掃除を手伝ってくれません……」と母に伝えていたらしい。

――つらい……。ちなみに当時はどういう本を読んでました?

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  6. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  9. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  10. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評