ニュース
» 2019年08月12日 13時25分 公開

皮膚科医「みんな爪切り過ぎなんよ(半ギレ)」 知っておきたい“爪のトラブルを避ける正しい切り方”とは

これは覚えておきたい……!

[Kikka,ねとらぼ]

 皮膚科の先生が「みんな爪切り過ぎなんよ(半ギレ)」と患者に渡した注意書きがTwitterで反響を呼んでいます。「爪のトラブルを避ける正しい切り方」のチラシを制作したマルホを取材しました。

 話題のツイートをしたのは、Twitterユーザーのピボ(@pb8585)さん。「皮膚科の先生が『みんな爪切り過ぎなんよ(半ギレ)』と言いながら渡してきた紙、シェアしときますね」と、「足の親指の爪を正しく切っていますか?」と書かれたチラシをもらったことを紹介しました。


爪切り 爪 トラブル 皮膚科 皮膚

 チラシには「爪のトラブルを避けるための正しい切り方」が書かれており、第1に「できるだけ入浴後など爪が軟らかい時に切りましょう」。第2に「爪が割れないように端から少しずつ切りましょう」。第3に「爪の先端が四角い形になるように切りましょう」。第4に「爪の先端が親指と同じ長さになるように切りましょう」。第5に「爪の両角を短く切り落とさないように注意しましょう」と5つの爪切りのポイントについて紹介。


爪切り 爪 トラブル 皮膚科 皮膚

 また誤った切り方の例として、「爪が長すぎると、靴などに圧迫されて、痛みやつめの変形が生じやすくなる」こと、「爪が短すぎると、先端の皮膚が隆起し、爪の伸長が妨げられて変形しやすくなる」こと、「爪の角を切り落とすと、爪が皮膚に食い込んで、炎症や痛みが生じやすくなる」ことなどが慶應義塾大学皮膚科 専任講師の齋藤昌孝先生監修のもと紹介されています。

 またピボさんはこのチラシについて「足の親指の爪って書いてるけど、手も、どの指もこれで行けとのこと」と皮膚科医からのアドバイスされたことにも触れ、このツイートは投稿から10日で4万6000件以上の“いいね”を集めたほか、大きな反響を呼んでいます。


爪切り 爪 トラブル 皮膚科 皮膚

パンフレットを制作したマルホを取材

 ねとらぼ編集部ではこのパンフレットを制作したマルホを取材し、どんな場所に設置されているのかなどを聞いてみました。

――このチラシはいつごろから配布しているのでしょうか。

マルホ現在お配りしている最新バージョンは、2017年夏から配布しています。一方、同様の正しい爪の切り方をお伝えする冊子は、2010年頃からお配りしています。

――チラシを制作したきっかけを教えてください。

マルホ当社は皮膚疾患を中心に事業活動を営んでいます。医学的には「爪も皮膚の一部」です。このため、意外としられていない「爪の正しい切り方」を一般の方にお知らせしたい、そのような思いで冊子を作成しています。

――最後にチラシの配布場所を教えてください。

マルホ医療機関(主に皮膚科のクリニックや病院)のうち、ご希望を頂いた施設に設置しています。


 ついつい自己流で切ってしまいがちな爪。正しい切り方を心掛けたいですね。

画像提供:マルホ

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.