ニュース
» 2019年08月13日 20時00分 公開

一人で楽しむ「ぼっち花火大会(BHT)」のススメ 楽しそうなのに哀愁を誘う漫画

効率的に花火大会を楽しめる一方で……。

[植木 鉢,ねとらぼ]

 一人で花火大会を楽しむ方法を描いた漫画が楽しさを伝えながらも結局一人だからこうなるよねというオチで笑いを誘います。描いたのは漫画家のにしもとのりあきさん


BHT(ぼっち花火大会)のススメ


 BHTとは「ぼっち花火大会」の略称。花火大会を一人で楽しむという行為で決して友達がいないわけではありません。

 BHTの一番のメリットは場所取りを気にする必要がないこと。大きなブルーシートを敷く必要がないため、会場の前列でも少しの空いたスペースで鑑賞できます。家族連れやカップルに挟まれることになってもへっちゃらです。


BHT(ぼっち花火大会)のススメ

BHT(ぼっち花火大会)のススメ

 きれいな花火を見ながら缶チューハイを飲むのは至高の時間。隣にいる子供が花火を楽しむ声を聞きながら、「自分も大人になった」と感傷に浸り自分とお酒に酔います。そしてふと我に返ったとき、強い寂しさに襲われるまでがBHTの楽しみ方なのです。


BHT(ぼっち花火大会)のススメ

BHT(ぼっち花火大会)のススメ

 Twitterでは「これは逆にBHTしてみたくなる」「毎年BHTですが慣れても寂しい」といった興味を持ったり、すでに体験済みの方からのコメントや「カメラがあれば必死に撮るから問題ない」「三脚立てて一眼で撮影してみましょう」とBHTをきっかけにカメラ沼に引き込もうとするコメントが投稿されていました。


 同作は、マンガ投稿プラットフォーム「コミチ」と、withnewsの連動企画「#花火大会の黒歴史」に投稿され、入賞した作品です。

 にしもとのりあきさんの他の作品はご本人のTwitterで読むことができます。


画像提供:にしもとのりあきさん

(植木鉢)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン