ニュース
» 2019年08月14日 12時00分 公開

駄菓子屋で買えるカップ麺「ブタメン」はなぜ生まれたか? 幻の生麺タイプや「焼そば」の存在も (3/5)

[辰井裕紀,ねとらぼ]

――ちなみにとんこつ味の具材は「ごま」だけですが、ほかに具材は入れないんですか?

安澤 前はいろいろこだわって入れたんですけれども、結局入れないほうが喜ばれまして。

――意外ですね……! お金がないからと思っていたんですが、あえて入れない。

安澤 シンプルがいいようです。

――……確かに子どものころ、具材のないラーメンって好きでしたね。


ブタメン ほとんど麺だけ

「生ブタメン」に「焼そば」も

――過去に惜しまれつつ無くなった商品はありますか?

安澤 おみやげで売っていた「生ブタメン」です。

――生ブタメン?

安澤 生麺でブタメンの味を表現した商品です。


ブタメン まさかのブタメン生麺Ver.

――そんなものが……! 他に個人的に好きなものはありますか?

安澤 「焼そば」です。おいしかったんですよね……!


ブタメン 2009年発売の焼そばは別添のソース(パウダー)をかけて食べる

――想像するだけでもおいしそう。

安澤 フタで湯切りをするタイプでした。ただ焼そばって、作り方がちょっとむずかしいですよね。

――子どもにとっては面倒くさいかも……。

安澤 コンビニさんで買っても湯切りが面倒で、売り上げがもうひとつ伸びなかったこともあって販売終了になりましたが、すごくおいしかったんですよ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.