ニュース
» 2019年08月14日 07時30分 公開

前世の記憶でつながった少年少女を描くTwitter漫画「夢の直路を」 悲恋ミステリ&ほのぼの青春劇がダブルで尊い (1/4)

「俺が女の方かよ!!」

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 前世の記憶でつながった3人の少年少女を描いた漫画「夢の直路を」がTwitterで注目を集めています。二転三転する前世のミステリーと、ほのぼの可愛らしい青春劇に心をつかまれる読者が続出。作者はうめ(@umezu60)さんです。


「夢の直路を」 ※記事の最後に全編特別掲載!

 ある夜、高校生の花岡は奇妙な夢を見ます。古めかしい服を着た男女が「来世で必ず一緒になろう」と約束し、涙ながらに別れる光景。花岡には、不思議とそれが「自分の前世である」という直感がありました。ですが問題が1つ。夢に登場した男と女、どっちが前世の自分かまでは分からない……!


「夢の直路を」

 悶々とする花岡の疑問は、隣のクラスの男子・吉田と出会ったことで解消されます。初めて見るはずの吉田の顔は夢に現れた男と瓜二つでした。「俺が女の方かよ!!」「ちょっと女の子との運命的な出会い想像しちゃったじゃねえか」「吉田に惚れちゃったらどうしよう……」と花岡の悶々は深まるばかり。吉田に前世の記憶は無いようなので、悩みを打ち明けることもできません。


「夢の直路を」

「夢の直路を」

「夢の直路を」

 このまま吉田と前世の約束を果たすルートに進むのか………!? とおもいきや、吉田の妹・百合子の登場によって事態は思わぬ展開に。百合子の顔は夢に登場する女とそっくりだったのです。男と女、どっちも前世の自分じゃなかったんかい。

 百合子には花岡と同じく前世の記憶がありました。百合子によれば、夢の中の花岡と吉田は「乳兄弟」の関係にあったのだとか。ようやく前世の素性にたどり着いた花岡。ですが謎は残ります。前世の自分は夢で何を伝えたいのか? 自分と百合子だけが夢を見て、吉田に前世の記憶が無いのはなぜなのか?


「夢の直路を」

「夢の直路を」

 百合子と情報を統合するうちに、花岡はとある仮説を立てます。それは「前世の自分たちは、悲しい死を遂げた吉田(前世)を幸せにしたかったのではないか」というもの。

 生まれ変わる前、花岡と吉田の死に場所は戦場でした。吉田を庇って花岡が倒れ、動けない花岡を守るようにして吉田も後を追いました。花岡が見る夢は、吉田と百合子の幸せを守れなかった後悔だったのです。


「夢の直路を」

「夢の直路を」

「夢の直路を」

 前世の百合子もまた、深い後悔を抱えていました。愛する者と添い遂げられなかった悲しみではありません。誰よりも「幸せでいてほしい」と願った人を戦場に送り出し、みすみす死なせてしまった。吉田を幸せにできなかったことこそが、彼女の心残りでした。


「夢の直路を」

「夢の直路を」

 こうして前世の無念にケリをつけるため、花岡と百合子の「吉田幸せ作戦」が幕を開ける……のですが、趣味や好みが似通った二人は、当の吉田を差し置いて急接近。そっちのルートだったか〜。


「夢の直路を」

「夢の直路を」

「夢の直路を」

「夢の直路を」

 3人が出会ったことで加速していく物語。最後までハラハラとニヤニヤが止まりません。結末はぜひ漫画でご覧ください。作者のTwitterPixivでも全編無料公開されています。


「夢の直路を」 キレる花岡

「夢の直路を」 思い出す吉田

「夢の直路を」をまとめて読む

「夢の直路を」
「夢の直路を」
「夢の直路を」
「夢の直路を」
「夢の直路を」
「夢の直路を」
「夢の直路を」
「夢の直路を」
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.