ニュース
» 2019年08月16日 22時55分 公開

米Nikeが子ども靴の定額購入サービス「ナイキ・アドベンチャークラブ」開始 月50ドルで毎月1足

買ってすぐ靴が小さくなる悩みを解消。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 米Nikeがこのほど、幼い子どもの足の成長に合わせて定額制でシューズを注文できるサービス「ナイキ・アドベンチャークラブ(Nike Adventure Club)」を開始しました。

 料金はプランによって、月額20ドルで年間4足を90日ごと、30ドルで6足を60日ごと、50ドルで12足を30日ごとに注文できます。NikeまたはConverse(コンバース)の100種類のデザインシューズをオンラインから選ぶことが可能。サイズも米サイズ4C〜7Y(10センチ〜25センチ)と豊富に取りそろえています。また、対象年齢はおよそ2歳から10歳まで。

 商品の送料は無料となっているうえにサイズとデザインの無料交換も可能。途中でプランを変更、停止できるようにもなっています。


ナイキ・アドベンチャークラブ 8 月12日にアメリカでスタートした「ナイキ・アドベンチャークラブ」

 同社は、子どもを含む60パーセントの人がきちんと自分のサイズに合った靴をはいていないというデータに着目し、足の成長が著しい子どものためのシューズを、定額制で提供することにしたのです。

 これは子どもを持つ親にとっても財布に優しいサービスで、「ナイキ・アドベンチャークラブ」は「親にとって最高の友人(Parent’s Best Friend)」だと同社はうたっています。


ナイキ・アドベンチャークラブ 靴の業界では初の定額制サービス

 このような靴の業界での定額制サービスは「ナイキ・アドベンチャークラブ」が初めての試みとのことです。同サービスでは、プラン期間が過ぎても使用した靴はそのまま所有できます。また小さくなってはけなくなった場合はリサイクルとしてNikeが引き取ることも可能です。

 「ナイキ・アドベンチャークラブ」のゼネラルマネジャー、デイブ・コバン氏は「子どもに幅広いシューズの選択肢を与えられると同時に、親にとっても子どもの靴選びをする際の悩みを取り去ることができます」と話しています。

 もし日本でも「ナイキ・アドベンチャークラブ」がスタートしたなら、子を持つ多くの親の助けになることでしょう。

マスミ・メイアー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む